アクティブニュース

全てみる

バスツアーで県北の大自然を満喫(県連)

[県北の町を訪れた参加者らが、吾妻山の大パノラマやそばがき体験などを楽しむ]

地域イベント

広島県商工会連合会

そばがきづくりを楽しむ参加者たち

 都市と商工会地区町村の交流促進を図る「ふるさと発見日帰りバスツアー」の第2弾ツアーが21日、比婆郡比和町で行われ、広島市内などから参加したツアー客30名が中国山地のふところに抱かれた自然豊かな町で、台風一過の秋晴れの1日を楽しみました。

 参加者たちが最初に訪れたのは、標高1,239mの吾妻山中腹にある休暇村吾妻山。町関係者や地元のそば打ち交流会のメンバーが一行を出迎え、参加者らの目の前でメンバーら3名がそば打ちの妙技を披露。手打ちそばの実演に驚きの声をもらしたり、そばづくりについて質問を交わしたりしながら、参加者らはさっそく地元の人たちと交流を深めました。そば打ちを見学した後、参加者らはそばがきづくりに挑戦。そばがきは、鍋に沸かしたお湯にそば粉を入れてかき混ぜる簡単な料理ですが、そば粉に粘りが出るまで手早くかき回す初めての作業に悪戦苦闘。会場に歓声と笑い声が響きました。広島市南区から参加した70代の男性は、「そばがきを作るのも食べるのも初めて。これまでにない食感だ」と、でき立てをほお張りながら初めての体験を楽しだ様子。

 そばがき体験後に比婆牛と手打ちそばの昼食を堪能した一行は、秋晴れの吾妻山の散策に。前日に台風が去り、吾妻山は定石どおりの台風一過の晴天に恵まれ、参加者らは休暇村周辺に広がるなだらかな草原やブナの林をなどを思い思いに散策。途中、草原に寝そべったり、記念撮影をしたりしながら中国山地の大パノラマを心ゆくまで満喫し、くつろいだひとときを楽しみました。

 吾妻山を後にした一行は、地元の竹炭工房、竹忠を見学。昨年12月、経営革新支援法の承認を受けた竹炭細工のアトリエでは、竹炭を使った装飾品をめずらしげに手に取る参加者や、同社の足立忠義社長の説明に興味深げに耳を傾ける参加者などさまざま。話が盛り上がった足立社長から思わぬプレゼントを渡され、喜ぶ参加者もいました。ツアーの最後に参加者らは、グリーンポート吾妻路前で、地元の加工所など4事業所が特別に開いた特産市に立ち寄ってゆっくりとみやげ物を吟味。手づくりのおこわやかしわ餅、漬物など、1日の思い出とともにたくさんのおみやげ物を手に、広島への帰途へ着きました。

 広島市西区から参加した70代の女性は、「そばがき体験は思った以上の収穫だった。旅行社のプランよりも手づくり感があって良かった」と振り返り、廿日市市から参加した50代の女性は、「そばがき体験がいちばん印象に残った。さわやかな高原も満喫できて大満足」とツアーを楽しんだ様子でした。終日ツアーに同行した比和町商工会経営指導員の平岡耕三さんは、「一時は台風で中止かとも考えたが、思わぬ成果があった」と語り、そば打ち体験などを活用した、人を呼び込む新たな仕掛けづくりを考えたいと意気込んでいました。

【今後の予定】

11月 2日(火)「新勝寺温泉と平家のロマンを訪ねて!」
        
        平家ゆかりの史跡を訪ね、そば打ちまたはリースづくりを体験し
        ひのき風呂にごゆっくり入浴。
        氷温「ピオーネ」のお土産付です。

11月18日(木)「安浦の歴史と郷土海鮮料理・陶芸教室」

        弘法大師ゆかりの野呂山の弘法寺見学し、地元のかき、あなごなど
        をご賞味、自分オリジナルの陶器製作のあと、グリーンピア安浦の
        「お湯とぴあ」で7種類のお湯に入れます。
        お土産は、安浦の特産品数種。

 
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)541-31311

このサイトを広める