アクティブニュース

全てみる

環境の大切さ考えよう(賀茂郡福富町)

[水をテーマにしたイベントを通して、環境問題に対する理解を呼びかける]

地域イベント

なし

 沼田(ぬた)川上流地域にある賀茂郡福富町で今月2日(土)、3日(日)の2日間、“水”をテーマにしたイベント「アクアフェスタin福富」が行われます。同町は、周囲を標高700m前後の山々に取り囲まれ、町の中央を沼田川が貫流する自然の恵み豊かな町。“自然を語りかける県央のまち、福富町”をテーマに、個性と創造性にあふれた住みよい町づくりが進められており、同イベントは自然や水のありがたさを再認識し、これらを守り、共存共栄を図りながら、地域や地球環境について改めて考え直そうと行われるもの。5回目の今回は“ふれあい・歓び”をテーマに、同町下竹仁の福富町民体育館、福富中学校で、水にちなんだ催しや環境問題をテーマにした講演会などが行われます。両日ともに午前10時から午後3時30分まで。

 今回いちばんの見どころは、100匹以上の生きた鯛を使って行う有料イベント“福富でめで鯛釣り”。愛媛県弓削町から鯛を取り寄せ、山の中で海の活魚を釣るユニークな趣向が人気を集めそう。水田の働き者、アイガモたちが競うアイガモレース、町で栽培するそばを使ったわんこそば大会などの楽しい催し、福富の川に住む魚を展示した小さな水族館、地元の中学生らによる水の研究発表などのためになる催しも連日盛りだくさん。初日計4回行われる福富ダム見学ツアーでは、本体工事が始まった県営福富ダムを間近で見学でき、沼田川と地域の関わりを学びながら、環境や水についての理解を深めることもできそうです。

 もうひとつの注目は、毎年各界の著名人を招いて行われる講演会。これまで、C・Wニコルさん、オスマン・サンコンさんらが招かれた講演会には今回、淑徳大学教授の北野大(まさる)さんが講師として登場。“マー兄ちゃんのやさしい環境講座”をテーマに、タレントのビートたけしさんのお兄さんとしても知られる北野教授が、大学教授の目から見た自然や環境についての興味深い話を楽しく、分かりやすく聞かせてくれそうです。

 郷土芸能やバンド演奏、手品ショー、紙芝居などの多彩なプログラムを用意したステージイベント、福富の名物を集めた特産品販売、同イベント名物の源流鍋などが楽しめる飲食バザー、各種パネル展示など、会場では2日間を通じて楽しい催し盛りだくさん。「今年のイベントは住民主導で、手づくり感あふれる参加体験型の催しとなりそう。ぜひイベントに参加して」と福富町商工会経営指導員の渡川誠之さん。みなさんも水をテーマにしたイベントを楽しみながら、身近な環境問題について考えてみませんか。

●お問い合わせ/福富町商工会 TEL(0824)35-2051

このサイトを広める