アクティブニュース

全てみる

神楽シーズンの到来告げる伝統の大会(山県郡加計町)

[西中国地方から選抜された12団体が熱演を繰り広げる県内で最も歴史ある舞台]

地域イベント

なし

写真はイメージです

 県内の神楽ファンが待ちに待った、神楽シーズンが到来しました。にぎやかな神楽囃子に合わせ、華やかな衣装を身につけた演者が舞台の上を舞う姿は、ファンならずとも一見の価値ありといったところでしょう。これから県内各地でたくさんの大会が行われるのに先がけて、シーズンの本格到来を告げるファン待望の「西中国選抜神楽競演大会」が今月11日(土)、山県郡加計町の加計町民体育館で開かれます。

 同大会は、今年で57回目を迎える県内で最も歴史ある大会で、広島、島根、山口など西中国地方から選抜された神楽団により熱演される、この地方で最大の神楽大会です。県内はもとより、京阪神や九州からもファンが訪れ、会場となる体育館は毎年3,000人近くの入場者であふれ返ります。

 今大会には広島、島根両県から選ばれた神楽団が集結。神楽の本場、安芸高田市美土里町や豊平町、島根県三隅町などから12団体が出演します。伝統的な神楽を旧舞、戦後流行したテンポの速いものを新舞といい、出演団体はそれぞれ新舞、旧舞を華麗に演じて集まったファンを魅了します。午後3時の四方祓に幕を開け、日付が変わる前までの約14時間にわたって勇壮な神楽の競演を堪能しながら伝統芸能の真髄にふれることができ、「新旧それぞれの舞いを長時間、心ゆくまで楽しんでもらえる大会」と、加計町商工会経営指導員の田村尚志さんも来場を呼びかけています。みなさんもこの機会にぜひ、伝統ある神楽大会を間近でごらんになってみてはいかがですか。午後2時開場、午後3時開演。入場料前売券大人2,000円・小人1,000円、当日券大人2,500円・小人1,500円。チケットのお求めについては、商工会までお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ/加計町商工会 TEL(0826)22-1221
加計町商工会ホームページ内、神楽大会の詳細はこちら

このサイトを広める