アクティブニュース

全てみる

江戸文化の薫り放つ夏祭り(世羅郡甲山町)

[山あいの町が祭り一色に彩られる、300年以上の伝統を誇る大衆芸能]

地域イベント

なし

笑いと芸能の文化として受け継がれるだんじり仁輪加

 300年余の歴史をもち、江戸中期から伝わる世羅郡甲山町の伝統行事「甲山夏祭り廿日えびす」が今月19日(木)、20日(金)の両日、同町の今高野山通り周辺で開かれます。この祭りは、300年以上の伝統が息づく胡神社の祭礼で、“だんじり吊り人形”や“だんじり仁輪加(にわか)狂言”など古式ゆかしい民俗行事を今に伝える由緒ある夏祭りです。

 県史跡・今高野山に代表される歴史的、文化的価値の高い観光資源に恵まれた同町は、古くから山陽と山陰を結ぶ文化、交通の要衝として栄えた町で、宿場町の形成によって多くの交流が生まれました。そうした交流の中から生まれただんじり仁輪加狂言は、同町が全国に誇る伝統大衆芸能です。地域の貴重な資源を生かして都市と農村の交流による地域の活性化に取り組む甲山町商工会では、毎年甲山夏祭り実行委員会を組織し、地域をあげて廿日えびすの保存、伝承に努めています。

 祭りの見どころとなるのは、だんじりの行進と路上で演じられるだんじり仁輪加狂言。両日の昼は、吊り人形を乗せただんじりが町内を練り歩き、午後7時から町内3つの保存会が中心となって古い町並みにだんじり仁輪加を繰り出します。仁輪加とは、即興的に演じる滑稽な寸劇のこと。同町の仁輪加は路上の中央で屋台を止め、綱の中を舞台として行う通称“流しにわか”と呼ばれるもので、芝居の内容は時代物、新劇の二派の分かれ、いずれも最後にオチがあります。芝居のテーマは明治、大正時代には歌舞伎調のものが中心でしたが、その後は現代物、時代風刺物が多くなっています。現代物はその年の話題を取り入れたものが多く、分かりやすく面白いのが特徴。だんじりは各所で車を止めて引き綱を楕円形に広げ、子どもたちのかざす手燭の光に照らされて上演舞台を作り、舞台上で狂言芝居が演じられるのです。

 17組の仁輪加自慢が扮装や演技、筋、オチなどで優劣を競うにわかコンクールや甲山こども天真太鼓、甲山音頭大行進、廣島阿波おどり、鼓踊り三次どんちゃんといったステージイベントや踊りの大パレードなども盛りだくさんの2日間。20日午後8時からは祭りに合わせ、1,000発以上の花火で夏の夜空を彩る「世羅町商工祭 納涼花火大会」も行われます。「笑いと芸能の文化として愛される仁輪加をゆっくり楽しむなら初日、ふるさとの祭りのにぎわいと活気を楽しむなら2日目に足を運んでみては」と同商工会経営指導員の立田祐智さん。みなさんもぜひ、甲山の古式ゆかしい伝統行事を間近でご覧になってみてはいかがでしょうか。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(08472)2-0529
甲山町商工会廿日えびすのホームページはこちら

このサイトを広める