アクティブニュース

全てみる

市民球場でふるさとPR(賀茂郡福富町)

[商工会職員や会員ら30名がカープ観戦ツアーを行い、球場内でふるさと自慢]

地域イベント

なし

 現在、セ・リーグのペナント争いで最下位と低迷している広島東洋カープを応援しようと、賀茂郡福富町の福富町商工会が今月7日(土)、同球団と提携して「わが街 ふるさとは元気です!」事業を行います。この事業は、県内の商工会地域で観戦ツアーを組むなどしてカープの試合をサポートすることで、場内のアストロビジョンを利用し、商工会地域の特産品やイベント情報などを観客らに紹介できるとともに、入場ゲートで特産品のプレゼントやサンプリング商品の配布などが行えるもので、商工会の知名度向上を図ろうと一昨年、同球団と本県連が共同で企画したもの。7日の対中日ドランゴンズ戦観戦ツアーには、同町の商工会関係者や会員など30名が参加。「元気のないカープを少しでも力づけることができれば」と、参加者らは今から週末を心待ちにしているようです。

 同ツアーへの参加を呼びかけた同商工会経営指導員の渡川誠之さんは、「ツアーを会員相互の親睦に役立て、ふるさとのPRも大いに図りたい」と意気込みも盛ん。県天然記念物のツクシシャクナゲ、伝統のわんこそば大会などアストロビジョンで放映する計5枚のオリジナル写真を用意し、写真にのせて場内アナウンスするための2種類のPR原稿を自ら作成。試合開始前と試合中のイニング間、計3回行われるPRタイムに、じっくりと練り上げた原稿で特産品やイベントなど自然豊かなふるさとの魅力を広く紹介し、同町への来町を呼びかけ、観光入り込み客の増加を図りたい考えです。

 同町特産の福富そば、エゴマドレッシング、上の原牧場名産のジェラートアイス商品券をセットにした抽選プレゼントの放映、開門前には本県連職員が同町の観光パンフレットや商工会をPRする花の種子、先着1,000名分の配布なども行う予定です。みなさんもぜひ、7日に市民球場へ足を運んで、福富からのツアー参加者とともにカープの活躍を応援してください。

●お問い合わせ/福富町商工会 TEL(082)435-2051

このサイトを広める