アクティブニュース

全てみる

腹自慢たちが大集合(賀茂郡豊栄町)

[広島県ど真ん中のまちをユニークなヘソ踊りなどでPRする商工会のイベント]

地域イベント

なし

腹芸自慢たちによるユニークなヘソ踊りが披露される

 町内外の腹自慢たちがユニークな腹芸を見せることで知られる「どまんなか豊栄ヘソまつり」が今月7日(土)、賀茂郡豊栄町鍛冶屋の豊栄町ふれあい広場で開催されます。このイベントは、広島県のど真ん中“とよさか”をPRしようと豊栄町商工会が主催して行うもので、今年で8回目。笑いを誘うコミカルな芸をひと目見ようと毎年多くの見物客が訪れており、ステージで披露される個性的な演技の数々に、今年も熱い視線が注がれることになりそうです。

 同町は、日本海と瀬戸内海に分水する分水嶺の地であり、安芸・備後・備北地域の接点でもあることから、古くから地域文化交流の要所として栄えてきました。広島県の中央部に位置する同町は、中国各県のほぼ中央に位置する町村と連携し、個性的な地域づくりをすすめるための中国5県ど真ん中サミットを開催するなど、“ど真ん中”をキーワードに地域の活性化と交流人口の増大、“人が真ん中”にいる町づくりをめざすためのさまざまな活動を展開しています。同イベントはこうした地域の特性を生かして町を活性化させようと同商工会が企画したもので、夏の恒例行事として人気を集めています。

 イベントの目玉、ヘソ踊り競演大会には今年、町内外から8チームが参加。出演者はそれぞれ自由なテーマでストーリーを組み立て、仮装や音楽に工夫を凝らし、ユニークなパフォーマンスを繰り広げます。ユーモラスな腹芸の数々に毎年会場は抱腹絶倒、爆笑の渦に包まれ、「観客も一体となって楽しめる催し。ヘソ踊りを目当てに訪れる人も数多く、たいへん好評」と同商工会経営指導員の河本俊春さんも太鼓判。テーマやアイデア、ヘソの動き・表情、観客の反応など7項目で審査が行われ、優勝チームが決まります。

 イベントは午後4時30分から。豊栄小学校5、6年生の児童たちによるよさこいソーラン踊りやフラダンスに幕を開け、盆踊り競演大会、へそ踊りでひとしきり盛り上がった後、花火大会や歌謡ショー、大ビンゴゲーム大会などでフィナーレを迎えます。また、同商工会商業部では同イベントに合わせ、商工会加盟店で利用でき、1万円で1万1千円分の買い物ができる商品券を100口限定発売します。みなさんもぜひ、ご家族そろっておでかけください。

●お問い合わせ/豊栄町商工会 TEL(0824)32-2110

このサイトを広める