アクティブニュース

全てみる

暑い夏に水に親しもう(廿日市市佐伯地区)

[水をテーマにしたイベントで、ふるさとのすばらしさを再認識してもらう]

地域イベント

佐伯 商工会

暑い夏にふさわしいイベントが盛りだくさん

 水辺をにぎわすイベントを通して、豊かな水と緑に感謝しながらふるさとのすばらしさを再認識してもらおうと今月31日(日)、廿日市市津田の岩倉ロッジ周辺で「さいき水まつり」が開催されます。同イベントは、佐伯商工会と同商工会青年部が中心となって行う“水”をテーマにした地域おこしイベントで、今年で17回目。佐伯地区最大の納涼イベントとして親しまれ、毎年1万人近い人手を集めてにぎわっています。

 同地区は山口県と県境を接する広島県の最西部に位置し、小瀬川や七瀬川など清らかな水の流れに恵まれ、年間を通じて降水量も豊富。その地域の特性を生かし、楽しみながら水に親しんでもらおうと、魚のつかみ取りや川魚の水族館など夏にふさわしいプログラムが数多く用意されています。

 特設ステージと広場、屋台コーナーの3つのイベントブースを会場に設け、ステージでは午前11時から午後10時まで、地元有志による万勝太鼓の演奏や神楽舞、佐伯音頭、吉和やまびこ太鼓、水辺の歌謡ショーなど約20種類のプログラムを実施。広場にはミニ水族館、水生生物展示、名水のお茶会などの名物コーナーが立ち並び、威勢のよい水みこし、小瀬川でのニジマス、アマゴ魚のつかみ取りなど子どもから大人まで楽しめるプログラムが盛りだくさん。会場4か所にある屋台コーナーには各種露店や夜店が軒を連ね、夜になると、水辺の歌謡ショーや川面に映る打ち上げ花火が祭りのクライマックスを演出します。

 「今年は大小1,500発の打ち上げ花火を行う予定。夏休みの良い思い出づくりにしてもらえれば」と同商工会経営指導員の新谷久夫さん。当日は佐伯中学校グラウンドに臨時駐車場を設け、無料シャトルバスも運行。蒸し暑い夏日が続きますが、涼やかな山あいの水辺でみなさんもさわやかな夏の1日を過ごしてみませんか。ぜひご家族そろっておでかけください。

●お問い合わせ/佐伯商工会 TEL(0829)72-0690

このサイトを広める