アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-株式会社もみの木畳店(世羅町商工会)

[補助金を活用して新たな機械を2台導入。時代の流れと顧客のニーズに応える畳店へ]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

補助金で新たに購入した機械。飛躍的に作業効率が上がりました。

補助金で新たに購入した機械。飛躍的に作業効率が上がりました。

 ここ世羅町で創業して43年。「もみの木畳店」は、地域に根付いた畳屋です。畳床はそのままに、畳表と縁を新品に付け替える「表替え」や今使用している畳表の裏側を表面にして新品の縁を縫い合わせて仕上げる「裏返し」など、お客様の求めていることに耳を傾け、ニーズに合った最適な方法を提案しています。「家具を動かすことができないので畳を替えることを躊躇しているお客様もいるのですが、家具を動かす道具などもあるので気軽に相談してほしい」と社長の藤井浩則さんは話します。

 

 最近では、バリアフリーに対応した厚さの薄いものや琉球畳と呼ばれる正方形の縁のない畳など、その需要も多様化。既存の機械では手間と時間がかかったり、対応できないものも出てきました。そこで世羅町商工会に相談したところ、職員に提案されたのが「ものづくり・商業・サービス革新補助金」。サポートを受けながら申請書などを作成し、採択されました。

 

 補助金で様々な畳を製造できる2台の機械を購入。「これまで人の手でしかてきない作業や段取り換えの工程が、新しい機械を導入したことにより、作業効率が5~6倍に上がりました。これまで以上にお客様のニーズに応えていきたい」と藤井さん。地域の畳店では珍しく、広島県内や岡山県などを回る3名の営業社員が在籍する「もみの木畳店」。これまで同様、お客様の声に耳を傾ける姿勢を大切にしながら、攻める畳店として躍進します。

 

地域で愛され続ける畳店をめざします。

地域で愛され続ける畳店をめざします。

○株式会社 もみの木畳店

TEL/0847-22-1426

住所/世羅郡世羅町小世良380

このサイトを広める