アクティブニュース

全てみる

本通りで商工会をPR(県連)

[商工会の日にちなむ記念事業で、県連役員、職員らが市民に花の種子などを配る]

地域イベント

広島県商工会連合会

ええじゃんレディとともに笑顔で花の種子を配る加島会長

 本県連では先日、6月10日の「商工会の日」に商工会を広く市民に知ってもらおうと、広島市中区の本通りアーケードで恒例となった商工会PR事業を行いました。本県連役員とともに職員らが本通りのひろしま夢ぷらざ前で花の種子やポケットティッシュを道ゆく買い物客らに手渡して、商工会をPRしました。

 『商工会の組織等に関する法律』(現商工会法)の施行された6月10日は商工会の日として、全国各地の商工会で記念事業が行われています。広島市民には商工会の日はもとより、商工会になじみのない人が多く、本県連でもその活動内容や組織などを広く知ってもらうための記念事業として毎年この日、花の種子などの無料配布を通じて商工会が地域に貢献していることをPRすることにしています。

 PR事業には、加島英俊会長をはじめ4名の正副会長と18名の県連職員が参加。広島県観光連盟の森本文人専務理事とともに応援に駆けつけた新観光アシスタント、“広島県ええじゃんレディ”の2名も加わって、午前11時30分過ぎからそれぞれ500個ずつ用意した花の種子、ポケットティッシュを道ゆく人々に手渡しました。職員らは、花の種子は白花カスミクサや美女撫子、コスモスなど5つをセットにし、ひろしま夢ぷらざ、本ホームページの紹介などを書き添えたポケットティッシュとともに配付。用意されていた花の種子などは10分足らずで買い物客などの手に行き渡り、市民に商工会を印象づけることができたようです。

 本県連では引き続き、今月16日(水)に広島市民球場でPR事業を予定。プロ野球、広島対中日戦観戦来場者にも同品の無料配布とともに、プレゼント抽選などを行う予定ですので、みなさんもぜひ足を運んでみてください。

●お問い合わせ/広島県商工会連合会総務課 TEL(082)247-0221

このサイトを広める