アクティブニュース

全てみる

「事業計画づくりセミナー」開催

事業計画の重要性を認識し、補助金申請に活かす事業報告書のつくり方を伝授

セミナー・プロジェクト

五日市 商工会

「事業計画づくりセミナー」開催

▲参加者は事業計画書の重要性を確認。さっそく自社の経営に活かしています。

 

五日市商工会は、3月3日(火)、4日(水)、5日(木)の3日間、五日市商工会館にて、「聞いておかないと絶対損する 平成27年度 補助金・助成金活用のための 事業計画づくりセミナー」を開催しました。セミナーには、3日間で135事業所からのべ158人が参加。“平成26年度補助金活用事例”“平成27年度公募予定の補助金について”“補助金を獲得する事業計画づくり”の3つをテーマにした研修会に参加しました。

 

このセミナーは、1月9日に閣議決定された平成26年度補正予算案に、ものづくり・商業・サービス革新支援や小規模事業者支援、創業支援などの補助金が盛り込まれていることを受けて、補助金申請で必要な事業計画書づくりなどのサポートを行うために企画されたものです。講師の(有)エーケンテックの江川雅典氏が、今後公募が予定されている補助金の概要、それらの補助金を獲得するために必要な事業計画書の作成手順、採択される確率を上げるためのポイントについて分かりやすく説明を行いました。

 

事業計画書づくりは、補助金申請に必要なだけでなく、自身の経営を見直す良い機会です。受講者は、事業計画書の重要性を確認しながら、自社の経営に有益な情報を漏らすまいと熱心に耳を傾けていました。

 

受講後、持続化補助金の申請を希望した事業者は、第一次締め切りが約60事業所、第2次締め切りが約30社、ものづくり補助金が約20社にのぼっています。現在、検討中の事業所もあり、申請の希望者は今後も増える見込みです。

 

また、商工会未加入の42事業所も本セミナーに参加しましたが、これを機に新規加入した事業所もあり、新規会員の獲得にも繋がっています。今後は、申請を希望した事業所を経営指導員がマンツーマンでサポート。丁寧なアフターフォローで、全員の補助金取得を目指します。

 

●お問い合わせ/五日市商工会 TEL(082)923-4138

このサイトを広める