アクティブニュース

全てみる

恒例のスタンプラリー開幕(世羅郡3商工会)

[世羅高原の観光施設をめぐり、規定のスタンプ数を集めると豪華賞品をプレゼント]

地域イベント

世羅町 商工会

 世羅郡世羅西町の花夢の里で今月14日、「2004年度せら夢高原スタンプラリー」のオープニングセレモニーが開かれました。このスタンプラリーは、世羅高原のレクリエーション施設、特産品など豊富な地域の観光資源を活用し、郡内の周遊行動を喚起するとともに、心も体も健康になれる“せら夢高原・健康テーマパーク”というイメージを広く定着させようと平成13年から毎年開催されているもので、今年で4回目。上本仁志世羅西町長はじめ、各商工会事務局長など関係者約40名が出席し、世羅高原の観光シーズンの幕開けを祝いました。オープニングセレモニーでは、同町内4つの保育所の年長園児たちが除幕に参加。自分たちの描いた絵を花夢の里にプレゼントし、お礼に同園の芝桜の苗を受け取った後、園児たちは一人ひとり手にしたシートにスタンプを押してもらいラリーのスタートを切りました。

 スタンプラリーは、郡内の観光施設などをめぐり、各所に用意された専用のスタンプ10個を集めて応募すると抽選で豪華賞品をプレゼントするというもの。「スタンプの設置箇所は前期(春夏)、後期(秋冬)で異なり、それぞれに違った世羅高原の魅力を楽しんでもらえると思う」と、スタンプラリーの事務局である甲山町商工会経営指導員の立田祐智さん。今月開園を迎える郡内の花観光農園を中心に、レクリエーションスポットや宿泊・温泉施設、特産品販売所など前期のスタンプ設置箇所は39か所。後期は世羅高原果実狩りめぐりなどが中心となり、スタンプの延べ設置箇所は約80か所になる予定。

 昨年は期間中に約1,000通の応募が寄せられ、うち3割が県外からの参加。「10のポイント数は1日で回り切るには難しい数。何度も足を運んでもらう仕掛けで、遠方の方にも世羅高原の魅力を知ってもらいたい」と立田さんは昨年を上回る応募とともに、他県からの幅広い参加にも大きな期待を寄せているようです。スタンプラリー抽選会は来年3月に行われ、世羅産コシヒカリ30kg(1等、3名分)をはじめ、世羅郡ふるさと産品5,000円分(2等、6名分)や花観光農園入園券(3等、200名)などがそれぞれプレゼントされる予定です。みなさんもぜひスタンプラリーに参加して、世羅高原の魅力を存分に満喫してみてください。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529
●お問い合わせ/世羅町商工会 TEL(0847)22-0489
●お問い合わせ/世羅西町商工会 TEL(0847)37-1075

このサイトを広める