アクティブニュース

全てみる

地域おこしめざす春の恒例行事(佐伯区五日市)

[あいにく桜は散ったものの商工会と住民による手づくりの楽しい企画盛りだくさん]

地域イベント

五日市 商工会

今年の桜も無事、葉桜の季節を迎えた

 広島市佐伯区五日市中央の五日市中央公園(WESTチェリーパーク)で今月17日(土)、18日(日)の両日、同地区恒例の「さくらまつり」が開催されます。同イベントは、五日市商工会が主催して行う春の恒例行事で今年で14回目。遅咲きの八重桜の名所として知られる造幣局広島支局の桜の見ごろに合わてイベントを行うことで、コイン通り一帯の活性化をめざそうというもので、今年の桜はすでに葉桜の風情となりましたが、「地元住民手づくりのイベントを楽しんで」と同商工会では来場を呼びかけています。

 イベントは両日ともに、公園内に設ける野外特設ステージでのステージプログラムを中心に、五日市特産品コーナーや地元商店街の出店によるグルメテント村、ビンゴゲームなど盛りだくさん。ステージでは、地元の団体、サークルなどによる弾き語りや吹奏楽、ダンスなどのプログラムが予定され、高井神楽団による神楽の披露、彩が丘太鼓グループ彩響による和太鼓の演奏といった郷土芸能の見もの。また、靴の中の匂いやムレ、かゆみを防ぐ中敷、花粉症予防に抜群の効果があるマスクなど、同商工会が運営するウェブサイト“英知村タウン五日市”で商品化された発明品の展示即売会や、商工会女性部による野点のお茶席などにも注目が集まりそうです。18日に行われる恒例となったアームレスリング大会は、小学生の部、大人の部ともに当日参加も可能。3人1組の団体戦で行われ、入賞チームには豪華景品を用意。国内ペア旅行券などが当たる自由参加のビンゴゲームもあり、イベントでは体験参加型の企画も満載です。

 さらに、18日にはイベントの開催に合わせて、西広島地域約8.5万世帯をカバーするコミュニティ放送局“いつかいちエフエム”が開局。佐伯区民文化センターで、地元のサークルなどを中心とした開局記念コンサートも予定されています。あいにく桜は終わっていましたが、地域おこしをめざして商工会が地元住民とともに盛り上げる手づくりイベントにみなさんも参加してみませんか。

●お問い合わせ/五日市商工会 TEL(082)923-4138

このサイトを広める