アクティブニュース

全てみる

見ごろに先がけ夜桜照明設置(安芸高田市八千代町)

[花名所の土師ダムで夜桜の鑑賞を楽しんでもらおうと、商工会関係者らが提灯飾る]

地域イベント

なし

提灯飾り付けの準備をする商工会関係者

 安芸高田市八千代町の土師ダム湖畔で23日、八千代町商工会の関係者らが花見用提灯の設置作業を行いました。土師ダム湖岸一帯には、ダム湖を取り囲むように約6,000本の桜の木が植えられています。春は桜の名所として親しまれる同所で、夜桜見物に欠かせないのが提灯。同商工会では花見客らに灯りのもとで夜桜見物を楽しんでもらおうと、6年前から毎年この時期、提灯の飾りつけを行っています。

 提灯が飾りつけられたのは、土師ダム湖畔にあるのどごえ公園。設置作業は、今月27日(土)から始まる「八千代湖畔桜まつり」に向けて行われたもので、同商工会を中心に組織するイベント実行委員会では毎年、桜の開花期間中を桜まつりとして、夜桜照明を設けて夜桜も楽しめるようにしています。当日は商工会の役員や職員、会員など20名が、約2時間かけて公園内に550個の提灯を吊るしました。

 園内の染井吉野はまだ堅いつぼみの状態で、「来月4日前後から次第に色づき始めるのでは。見ごろとなるのは4月の第2週あたり」と、設置作業を行った同商工会経営指導員の大原博文さん。夜桜照明は27日から点灯され、来月11日(日)まで行われる予定。点灯時間は午後6時30分から同10時まで。また期間中、同公園にある噴水もライトアップされる予定で、夜桜とともにカラフルな光のショーが楽しめるほか、園内には屋台なども立ち並び、満開時はたくさんの花見客でにぎわうことになりそうです。「土師ダムは県内有数の桜名所。週末は混雑も予想されるが、ぜひ多くの人に土師ダムの桜を楽しんでもらいたい」と大原さん。お花見を華やかに演出する夜桜照明のもとで、みなさんもあでやかな春を楽しんでみてはいかがですか。桜の開花状況についてもお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ/八千代町商工会 TEL(0826)52-2542

このサイトを広める