アクティブニュース

全てみる

ITで顧客と向き合うサービスを(安芸郡江田島町)

[マイクロソフト(株)のセミナーを通じて、新たな経営戦略のヒントを得る]

セミナー・プロジェクト

江田島市 商工会

 今月10日にマイクロソフト(株)による「全国ITデリバリーセミナー」が五日市商工会館で行われたのに続き、翌11日、安芸郡江田島町の江田島町商工会館で同セミナーが開かれました。

 同商工会では新聞折込などで江能4町の事業所に参加を呼びかけ、ITを活用した経営改革、業務改革などで会社を強く変えていこうと12事業所がセミナーに参加。業務の効率化だけでなく、いかに会社の活性化に役立つかという視点で、とくに中小企業の経営課題解決に役立つ活用事例の解説を中心に行われたセミナーは参加者に好評を博したようで、「いくぶん経験不足の私にもたいへん分かりやすい内容だった」と話すのは、同町秋月でガソリンスタンド、空先石油店を経営する空先実さん。

 近年、規制緩和に揺れ、競争原理の導入に伴い新たな対応を迫られているガソリンスタンド業界。価格競争の激化などによってスタンド経営が悪化するなか、今後さらに厳しい経営環境が予想されると考えていた空先さんは、新たなビジネスモデルの手法を求めてセミナーに参加しました。

 空先さんはこれまで、インターネットを個人的に活用するほか、個人事業者向けのパソコン用会計ソフト、ブルーリターンで帳簿入力や確定申告書の作成などを行っていましたが、実際のスタンド経営にITを活用することはありませんでした。空先さんにとってなかでも参考になったのは、ビデオによる先進IT活用事例紹介。IT活用に積極的に取り組む事業者に刺激を受けたと語り、「例えば、ポイント2倍などのお得な情報や誕生日などのお祝いメッセージをメールやDMで送るといった、消費者と向き合ったセールス、アピールを行うことで再来店の確率を高めることも可能になるのでは」と、セミナーから大きなヒントを得た様子。

 「情報化戦略などと大げさなことはできないまでも、商工会によるこうしたセミナーは私たちにとってたいへん心強い」と空先さん。業界の現状を見据えたうえで、勝ち残っていくための対策をまずはできるところから始めていきたいと、これからの展望について聞かせてくれました。

●お問い合わせ/江田島町商工会 TEL(0823)42-0168

このサイトを広める