アクティブニュース

全てみる

ITを活用した会社業務のあり方を紹介(佐伯区五日市)

[マイクロソフト(株)の専任講師が中小企業者にITが経営に役立つ実例などを解説]

セミナー・プロジェクト

五日市 商工会

 ITを経営に生かし、経営効率の改善や企業の発展に結びつけてもらおうと今月10日、広島市佐伯区の五日市商工会館で「全国ITデリバリーセミナー」が開かれました。これは、マイクロソフト(株)が全国IT推進計画の一環として今月から中小企業を対象に、IT導入のメリットについての説明会を全国各地で開催しているもので、IT導入実践例の紹介やIT導入前、導入後の具体的事例を紹介するとともに、経営課題解決に役立つ活用事例の紹介などを通じて、ITが経営に役立つことを中小企業の経営者に理解してもらうことが目的。

 電話やFAXに変わる新たな通信手段として普及したインターネットは、ビジネス環境を大きく変化させました。ますますビジネスのスピードが加速するこれからの時代、中小企業の経営者はインターネットを情報基盤として活用し、あらゆる業務を効率化させる技術を身につけて新たな経営革新に取り組むことが求められています。

 本県連との共催で行われた同セミナーには、新たなビジネスチャンスの獲得に向けてITに取り組もうと同地区17の事業者が参加。“へぇ~ ITってこんなに便利で簡単なんだ~IT活用はじめの一歩~”と題し、同社IT推進部のマーケティングスペシャリスト、木野和宏氏が身近なIT導入の成功モデルをもとに、その秘訣をドラマ仕立てのビデオで分かりやすく解説し、これからの業務に不可欠なIT活用の具体的方法についてのデモンストレーションなどを行いました。

 ビデオによる先進IT活用事例紹介では、従来型の仕事の流れが新たなIT基盤の上でいかに効率よく変化し、生産性アップにつながるかを解説。ITが業務の効率化のためのツールだけでなく、新たな可能性を広げる武器であることが参加者らに説明されました。デモンストレーションでは、セキュリティを意識した業務姿勢、無線LANとサーバーを利用したネットワークによる情報を共有するための仕組みなど、各事業所で役立つIT技術を分かりやすく解説。その後、参加者らは手書きで入力できるタブレットPC、無線LAN活用による仮想オフィスなどを実際に体験し、約1時間30分のセミナーでIT導入の具体的方法やメリットなどについての理解を深めた様子。

 「ネット販売業者などの高い専門性をもった参加者にとっても、今回のセミナーは大いに参考になったようだ」と同商工会関係者。ITは決して難しい技術ではなく誰にでも使える便利な道具。同セミナーを通じて、同商工会では参加者らが今後、ITを活用した新たな経営革新に積極的に取り組んでいくことに期待しているようです。

●お問い合わせ/五日市商工会 TEL(082)923-4138

このサイトを広める