アクティブニュース

全てみる

ふるさとの元気をPR(豊田郡川尻町)

[合併を間近にひかえて、町のさらなる活性化と地域住民のきずなの再生を図る]

地域イベント

なし

 豊田郡川尻町の川尻中学校グラウンドで今月21日(日)、“みんなが集い・みんなが創り・みんなで楽しむ”をテーマにした地域参加型イベント「かわじり元気まつり」が開かれます。編入合併により同町は来月1から呉市になることから、地元の川尻町商工会も青年部のメンバーを中心に、「川尻最後のイベントをみんなの手で盛り上げて」と広く来場を呼びかけています。

 このイベントは、元気で魅力ある地域づくりをめざして毎年この時期行われる催しで、今年で5回目。例年、地元・川尻の元気をアピールするための催しが数多く行われていますが、とくに今回は呉市との合併でやがて町名が消えるとあって、町を少しでも活気づけて人々のきずなをさらに高めようと、地元住民や商工会などが一丸となった準備も大詰めを迎えているようです。

 イベントでは、野呂岩海太鼓などの郷土芸能、競書大会といった川尻ならではの催しが盛りだくさん。フリーマーケットや氷運びレースなどの子どもから大人まで楽しめるアトラクションも満載で、1,200名が参加できる商工会主催のビンゴゲームでは、デジタルカメラや自転車など豪華な賞品が用意されています。手づくりの味がいっぱいに並ぶ屋台ゾーン、軽スポーツや体力ゲームが楽しめるゲームコーナーもあり、消防はしご車に搭乗できる子どもたちにうれしい企画も。「川尻らしさを残すため、町では来年以降につながるようにとイベントに向けての気運が盛り上がっているようだ」と、同商工会経営指導員の土井龍裕さん。

 なお、イベント実行委員会では現在、元気まつり青空市で家庭で不用になったリサイクル可能な生活用品などを譲りたい人、無料で参加できるフリーマーケット(3m×3m、40区画)の出店参加者も募集しています。詳しくは、商工会までお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ/川尻町商工会 TEL(0823)87-2139

このサイトを広める