アクティブニュース

全てみる

花の島で春を楽しもう(御調郡向島町)

[自然を満喫できる島内の観光スポットで今週末、花をテーマにしたイベント花盛り]

地域イベント

なし

向島洋ランセンターでは期間中、希少なランを数多く展示

 週末の寒さもようやくやわらぎ、日ごと春らしい暖かさが増してくるこれからの季節。県内でも花の便りが聞かれるようになり、花の島、御調郡向島町では今週末、花をテーマにしたイベントが訪れる人を楽しませてくれることになりそうです。

 尾道水道を挟んで、尾道市の対岸に浮かぶ向島。島内には向島洋らんセンター、フラワーパーク立花自然活用村など自然を満喫できるスポットが数多く、かつて造船で栄えた町も今は花の島として有名です。現在、県内一の洋ラン産地である島のシンボル的存在、向島洋らんセンターでは「特別らん展inむかいしま」が開かれており、園内には白や黄、ピンクに色づいた花々が可憐に咲き誇っています。

 今月14日(日)まで行われる同イベントでは、“蘭舞・可憐なラン・稀少なランの協奏”をテーマに、色鮮やかなコチョウランやインドネシアの国花、ファレノプシス・アマビリスなど約100種2000株を展示。平成11年の世界らん展を契機に同センターが交流を深めているインドネシアの国立ボゴール植物園をはじめ、広島市植物公園、因島フラワーセンターなどから借り受けた中南米、東南アジアの珍しいランが並び、県内の生産者たちも自慢の洋ランを多数出展。愛好家や家族連れの目を楽しませています。洋ランを題材にした押し花や生け花などの作品展示、地元小学生による環境保護活動に関するパネル展示もあり、週末には洋ラン栽培講習会、恒例の“贈って五らんメッセージコンテスト”の表彰式などさまざまな催しが予定されています。

 また、観光花摘みが楽しめるフラワーパーク立花自然活用村では13日(土)、14日(日)の両日に、「むかいしまフラワーバザール」を開催。期間中、洋ランやカーネーションなどの切花や鉢物、ドライフラワーを市価の3割安で販売する花卉即売、洋ランの花鉢やバラの花束がセリ売りされる花のオークション、生け花展示、お楽しみ抽選会などの催しが盛りだくさん。屋外広場では地元の新鮮野菜や海産物、各種加工品などを格安で販売する青空市場が開かれ、バナナの叩き売りや昔懐かしい大道芸なども大集合。花摘み悪園ではストック、キンセンカ、菜の花などを1本30円で摘むこともできます。

 「この週末は向島にたくさんの人に足を運んでもらい、花の島で春の訪れを満喫してもらいたい」と向島町商工会経営指導員の玉里博明さん。みなさんもご家族で花を楽しみに足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。向島フラワーセンター入場料大人400円、小人200円。フラワーパーク立花自然活用村入場無料。イベント期間中のプログラムなどについての詳しくは、下記まで気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ/向島洋らんセンター TEL(0848)44-8808
●お問い合わせ/フラワーパーク立花自然活用村 TEL(0848)45-2319
●お問い合わせ/向島町商工会 TEL(0848)44-3005

このサイトを広める