アクティブニュース

全てみる

ひな飾りが商店街彩る(本郷町商工会)

[楽しい町づくりで来町者の増加を図ろうと、商店街で懐かしいひな飾りなどを披露]

地域イベント

なし

 商店街の空き店舗や店舗の軒下などでひな飾りを披露する「ひなまつり市」が今月1日(月)から、豊田郡本郷町の本郷町商店街で始まります。このひなまつり市は、本郷町商工会女性部が空き店舗対策事業の一環として行うもので、昭和初期の古いひな飾りや町内のめずらしいひな山などが華やかさを競い、期間中、商店街各所でひな飾りを見学できるほか、手づくり作品やリサイクル品のバザーなどさまざまな催しが開かれます。ひなまつり市は3日(水)まで。

 同女性部は昨年11月、空き店舗を利用した楽しい町づくりで商店街に活気を呼び込もうと、同商店街2か所の空き店舗をフリーマーケット会場として地域住民に開放する“えびす市フリーマーケット”を開くなど、近年、空き店舗が目立ち活力が低下する商店街の活性化を意欲的に図っています。同事業は一定の成果を上げていながらも空き店舗の解消には至っていないため、同女性部ではさらに空き店舗を活用できる集客イベントを展開しようと今回のひなまつり市を企画。商店街をあげて実施することで来町者の増加を図るとともに、ひな飾りを通じて地域のコミュニティの活性化を図ることも狙いのひとつにあるようです。

 期間中、同商店街の21店舗が協賛し、ひな飾りを各店頭などに設置。多くは一般家庭に大切に受け継がれたひな飾りで、半額セール、100円均一セールなどのひなまつり市協賛セールも各店で行われます。今回のひなまつり市いちばんの目玉となるのは、明治2年築の澤田本店に飾られる昭和初期のひな山。最終日のみの公開で、旧家に残された昔懐かしいひなたちが格子戸の古風な店内を彩り、訪れた人に甘酒がふるまわれるほか、店内では炎窯の陶芸品展示販売なども行われます。溝端氏宅、両面地蔵店でもそれぞれ昭和時代の古いひな飾りを披露。リサイクルバザーや水墨画、俳画の展示販売が訪れる人を楽しませてくれることになりそうです。また、同商店街4丁目の恵美須神社店ではひな飾りに加え、最終日に花台、小物入れなどの木工品、焼き物やぐいのみ、花瓶といった工芸品、手づくり品のフリーマーケットや、特価の1,000円で爪のおしゃれを楽しめるネイルアートのお店などが出店する予定で、同じく最終日には手打ちそばの実演販売やポン菓子がもらえるスタンプラリーなども商店街を舞台に行われ、「商店街でひな飾りを楽しみながら、リサイクルバザーで掘り出し物を見つけてほしい」と、ひなまつり市を企画した同商工会補助員の西木法子さん。みなさんも期間中に一度、本郷町商店街に足を運んでみてはいかがでしょうか。

●お問い合わせ/本郷町商工会 TEL(0848)86-2238

このサイトを広める