アクティブニュース

全てみる

パソコンスクール開講(高田郡甲田町)

[インターネットを商売に役立ててもらおうと、地元会員を対象に商工会が企画]

セミナー・プロジェクト

なし

 小規模事業者の情報化への取り組みを支援する事業の一環として、高田郡甲田町の甲田町商工会が、地元の商工会員を対象としたパソコンスクールを開講しました。同商工会がパソコンスクールを開くのは今年で4回目。町内の会員企業の情報などを集めた地域情報サイトの立ち上げを目標に、会員らにパソコンに慣れてもらうための講座を3年前に開いたのがきっかけ。ワープロソフトWord、表計算ソフトExcelの基本的な使い方をマスターすることから始まり、昨年はデジタルカメラなどの周辺機器を使った年賀状、チラシ制作などに取り組みました。

 同商工会では今回、インターネットや電子メールを事業に活用するうえで必要な基礎知識を学んでもらうため講座を用意。ホームページから事業に役立つ情報を収集してもらうほか、自社のホームページを立ち上げるなど、インターネットの積極活用をこれからの商売へつなげてもらうのが狙いです。

 初心者ながらパソコンを今後の事業に生かそうと、16名の会員がスクールに参加。18日に行われた初日の講座では、パソコンインストラクターが接続の方法や設定、プロバイダなどインターネットの概要について説明し、参加者らが熱心に耳を傾けました。今月25日(水)と来月3日(水)に予定される講習で、参加者らはインターネットに必要な基本操作やホームページの検索方法、電子メールを事業に役立てる際の基本マナーや送受信方法の完全マスターをめざします。

 「実際に扱う前からインターネットは難しいと考えている人が多いようだ」と、同商工会の竹島次郎事務局長。そのため地元の会員をいかに動機づける事業を行えるかが商工会にとって大切であると語り、「接続環境と基本知識を整えて、インターネットを楽しみながら実際の商売にも大いに役立ててほしい」と、参加者らのこれからの活躍に大きな期待を寄せているようでした。

●お問い合わせ/甲田町商工会 TEL(0826)45-2054

このサイトを広める