アクティブニュース

全てみる

瀬戸内の島に春を呼ぶ産業祭(豊田郡大崎上島町)

[合併後初となる大型イベントで、新町の魅力や活力を広く内外にアピール]

地域イベント

大崎上島町 商工会

 消費者の島内生産物に対する理解を高めてもらうことなどを目的に、豊田郡大崎上島町で今月14日(土)、15日(日)の両日、昨年4月の3町合併後初の大型イベントとなる「第1回大崎上島町産業フェスティバル~すみれ祭り」が開催されます。これは、町内の産業振興や生産者と消費者の交流を図ろうと旧3町が毎年この時期、それぞれに催していた産業祭を新町全体で取り組めるよう統一したイベントで、出店者をはじめ参加者らの相互交流をさらに高め、地域の活力を盛り上げようと行われるもの。イベント名は、合併のシンボルとして制定された同町の町花、パンジー(三色すみれ)にちなんで命名されました。

 イベント会場は、同町の中野小学校(旧大崎町)。計66の企業、団体が出店し、出店者は展示即売コーナー、農産物コーナー、おさかな広場の3つのブースに分かれ、同町特産のかんきつ類や新鮮な魚介類の直売、自社製品の販売などを行います。各種物産の展示即売会のほか、農産物品評会表彰式やおさかな広場での三枚おろし講習会、マグロの解体といった催し物も盛りだくさん。また、同町の姉妹町である山県郡大朝町、比婆郡高野町、北海道中頓別町などの特産品もイベント会場に勢ぞろいし、初日はこれら姉妹町の山海の珍味を盛り込んだ交流鍋が目玉のひとつ。2日目には、料理研究家の沖広チエさんがイベントに参加。島の特産品を使って新しいふるさと料理を作る料理ショーも参加者の注目を集めることになりそうです。

 ステージでは2日間、銭太鼓の演奏や上島ソーランの演舞、かみじまウルトラクイズなどのアトラクションも満載で、「スタンプラリーやダーツ、ビンゴ大会など3町の青年部員らが企画する出し物も楽しんでもらいたい」と、大崎町商工会経営指導員の先田金生さんも来場を呼びかけています。大崎上島に春を呼ぶ、楽しさたっぷりの2日間。島ならではのふるさとの魅力を、みなさんもご家族そろって体感してください。

●お問い合わせ/大崎町商工会 TEL(08466)4-3505

このサイトを広める