アクティブニュース

全てみる

島の魅力、写真で伝える(江能4商工会)

[広島プリンスホテルにフォトコンテストの上位入賞作品20点を展示]

地域イベント

なし

計20点の入賞作品を広島プリンスホテルに展示

 ふるさとの風景や人々の暮らし、伝統行事など、瀬戸内の自然に恵まれた江田島、能美島周辺の魅力を広島市民などに写真で紹介する「瀬戸内の宝島~江田島・能美島フォトコンテスト」が現在、広島市南区の広島プリンスホテルで行われています。これは、江能広域商工会連絡協議会が同地域のイメージアップを目的に実施している、江能の自然と風物をテーマにした“江能フォトコンテスト”の入賞作品を一堂に展示するもので、同コンテストが平成11年にスタートして以来、毎年2月に開かれ、今回で5回目。同ホテル2階ロビーに、20点の作品が展示されています。

 同コンテストには今回、県内各地から計92点の応募があり、同地域を訪れた下は36歳、上は72歳までの参加者がそれぞれに感じた感動を表現した作品が寄せられました。上位入賞作品には同地域ならではの海を題材にした写真が多く、朝焼けの瀬戸内海、夕暮れのカキイカダ航路など、いずれの作品も郷愁感あふれる江能の趣を醸し出しています。金賞に選ばれたのは、能美町の八幡神社例大祭で氏神が神殿から観衆の前に躍り出る躍動感あふれる瞬間を、爽快な秋空をバックにとらえた『飛翔』。「合併により名称が変わるかもしれないが、来年度以降もフォトコンテスト継続して行い、観光客を呼び込むためのきっかけとしたい」と、同コンテストの事務局である能美町商工会経営指導員の津川賢二さん。

 作品展示は今月末まで。同所では、海軍兵学校や長瀬海浜公園、入鹿海岸など同地域の代表的な風景をパネル展示し、各町の魅力を紹介する“江能4町ガイド”も行われています。また、今月22日(日)には、瀬戸内の海産物や旬のかきなど各種特産品を集めた4町合同の特産品フェアが同ホテル行われる予定です。みなさんもぜひ、足を運んでみてください。なお、来年度の同コンテストの作品も募集していますので、お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ/能美町商工会 TEL(0823)45-2425

このサイトを広める