アクティブニュース

全てみる

年の瀬の駅前が活気づく(安芸郡坂町)

[大型店舗の来店者を再集客し、町内外の商売人たちがにぎわいの空間を生み出す]

地域イベント

なし

前回、約3,000人の人出を集めたサンデーマーケット

 地元住民に商売への関心を高めてもらい、“町民総商売人の町”として活気ある地域づくりをめざそうと、安芸郡坂町の坂町商工会が先月からスタートさせた「さかサンデーマーケット」の2回目が今月21日(日)、JR坂駅前(ディックEX坂隣)で開催されます。このマーケットは、同駅前にある総合SCのフジグラン安芸、家具専門店のファインズギガモール、ホームセンターのディックEXといった大型店舗の集客力に着目し、大型店舗に来店する買い物客を再集客することで、地域や地元業者の活性化を図ろうと企画されたもの。資金負担のかからない希望者が気軽に出店できるマーケットで、初の試みとなった前回、商工業者や農水産物の生産者など町内外から39店が出店。約3,000人の人出を集めました。同町の商工業者は小規模で、その多くは零細業者。町内には地元業者による商店街がなく、100店あまりの小規模店舗が町に散在しています。来年4月には同駅前に複合型ショッピングセンター、パルティ・フジ坂が開店することで駅前の集客は急速に高まりますが、これにより周辺地域の空洞化がいっそう加速し、地元商店などに大きな影響を与えることが懸念されています。2回目となる今回は、町内21店、県外を含め町外から26店が出店を予定。地元と町外の商売人たちが力を合わせ、駅前大型店舗の来店者を再集客して、元気な坂町をアピールします。

 同マーケットでは、同町特産のかき、野菜や果物などの生鮮食料品や衣料、木工品、美術工芸品などの出品が予定されてるほか、昔懐かしい駄菓子、海外雑貨、石材といったバラエティに富んだ商品もお目見え。さらに、住宅・リフォーム相談、タイ式足裏マッサージなど暮らしに役立つサービスやオリジナルのメニューを提供する業者も参加して、年の瀬ならではの活気とふれあいに満ちたマーケットづくりをめざします。「イベントなどに頼るのではなく、各店それぞれの力で集客を伸ばしていければ」と、同商工会経営指導員の奥村冨士雄さん。出店者らのこれからの活躍に期待を寄せながら、同マーケットを商売に興味をもってもらうことへのきっかけづくりにしたいと、起業意欲のある人へも参加を呼びかけていました。開催時間は午前10時~午後3時まで。なお、同マーケットは毎月第3日曜日に開催。第3回目以降の出店も随時受け付けていますので、商工会までお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ/坂町商工会 TEL(082)885-1200

このサイトを広める