アクティブニュース

全てみる

めざせ、経営革新認定(御調郡御調町)

[新たな事業展開による地元企業の若返りと、地域のものづくり発展図るセミナー実施]

セミナー・プロジェクト

なし

 御調郡御調町の御調町商工会工業部会が地元の産業振興を目的に現在、同町の建設業および製造業者を対象に「経営革新セミナー」を開催し、地域産業を支えるものづくりの発展をめざしています。このセミナーは、まちおこし支援事業の一環として行われているもので、それぞれの事業所の個性と強みを伸ばし、社会の変化に対応する経営管理の新たな手法を身につけてもらおうと企画されたもの。同町では近年、各事業所などで世代交替が進んでおり、事業経営の新たなかじ取り役を担う若手後継者らにこれを機に、新規事業に積極的に取り組んでもらいたいといった思いも込められているようです。同工業部会では、「企業は人間の寿命と同じく年齢を重ねると成長力が減退するが、経営革新を行うことで成長力を持続させることができる。経営革新は“若返りの薬”である」として、セミナーを各事業所の新たな発展に向けてのきっかけとしてもらいたい考えです。

 セミナーは全3回の講座スケジュールで、今月12日からスタート。マーケティング、ビジネスプラン作成など経営指導、セミナー講師として活動する中小企業診断士、PAPICON山根経営の山根敏宏氏を講師に招き、“経営革新支援法とは”“使える経営戦略”“使える収支計画”などのテーマのもと、20名の参加者が経営革新の手法などとともに、各種助成制度とその活用事例などを学んでいます。経営革新に取り組むことのメリットに加え、「明確な夢をもつことの大切さを教えられ、たいへん感銘を受けた」と感想をもらすのは、同セミナーを企画した同工業部会の吉田成邦部長。山根氏はこれまで、目先にとらわれず、3~5年後の自社の将来像、経営ビジョンを描き、その明確な目標達成に向けて年3%の企業成長率をめざす事業展開を積極的に図るよう参加者らにアドバイス。それが一人ひとりにとっても、「自社は将来どんな方向に進みたいのか」「これから何をすべきなのか」を熟考する良い機会になっているようだ、と吉田部長。セミナーは今月末に終了。参加者らはそれまでにビジネスプランの立て方、作成法を身につけ、その後の具体的なプラン作成については個々の意欲にゆだねられる形となりますが、「それぞれが御調で最初の認定をめざして自らを変え、結果、より多くの実績を広く県内に発信できれば」と、吉田さんは参加者らのこれからの奮起に期待するとともに、自らの夢も大きくふくらみつつあるようです。

●お問い合わせ/御調町商工会 TEL(08487)6-0282

このサイトを広める