アクティブニュース

全てみる

地元の産業活動を広くアピール(豊田郡安浦町)

[農林水産商工業者らが商工会とともに産業の充実振りを示し、取引拡大などを狙う]

地域イベント

なし

農産物の即売やステージイベント盛りだくさん

 不景気の中で沈滞している地域の産業を若い力で活気づけようと、豊田郡安浦町の安浦町商工会青年部などが主催して毎年この時期行う同町恒例の産業祭、「安浦ええとこ祭り」が今月22日(土)、23日(日)の両日、同町内海の安浦中学校で開催されます。このイベントは、商工会とともに地域の商工業者、農林水産業者らが一体となって地域活性化の一環として行う催しで、同町の産業の現状を紹介しながら、これからの地域産業のさらなる発展をめざそうという取り組み。地域の農林水産商工業者が自社製品をアピールできる場を設け、各業者の商品取り引きの拡大などに役立ててもらおうと商工会が呼びかけた地元企業や各種団体が一堂に集い、商工業品の展示販売や農産物の直販などが毎年盛大に行われています。今回のイベントには新鮮野菜や海産物をはじめ、地酒、生活器機、工業製品などを取り扱う58の企業や団体が参加。例年以上に数の多い出店者らが2日間にわたって趣向を凝らしたブースを設置し、会場をにぎわせるとともに、それぞれに持ち寄った産品、商品の魅力を来場者らにPRします。

 同イベントの今年のテーマは、「特価の品ぞろえ」。会場にはさまざまなテントが立ち並び、地元で収穫された農産物などを中心に、各ブースで生活関連商品をはじめとするバラエティに富んだ品物の大安売りが行われます。企業、団体による展示即売会に加え、地元で収穫された農産物の品評会、同町と友好姉妹縁組を結ぶ山県郡加計町の特産品販売、商工会女性部や各種女性グループによるバザー、模擬店も多数出店。毎年多くの人が列をなす、同イベント名物の海鮮鍋300人分の無料配布が初日午後1時から、同じくカキ御飯300人分の無料配布が2日目正午から行われるほか、今年は同町の女性連合会などによるハッシュドビーフ300人分の無料配布、樽酒のふるまいなどにも人気が集まりそうです。また、安浦夢幻太鼓の披露や加計町の堀神楽団による神楽上演、よさこいダンスの競演などのステージイベントも盛りだくさんで、「見て、食べて2日間を大いに楽しみながら、安浦の産業の魅力を再認識してほしい」と、同商工会経営指導員の倉本雄司さん。このほか、商工会青年部による幻の珍菜・テイレギの展示、商工会発明くふう展作品展示といった各種展示発表、楽しみながら健康づくりを体験できる健康まつりなどの盛りだくさんのプログラムとともに、みなさんも安浦の産業の魅力をじっくりと味わってみてください。

●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800

このサイトを広める