アクティブニュース

全てみる

商工会による地域活性イベント(御調郡向島町)

[ユニークなネーミングで親しまれている、向島最大の町をあげての秋祭り]

地域イベント

なし

例年、1万人以上の人出でにぎわう向島最大の祭り

 商工会による地域活性イベントで、御調郡向島町最大のイベントとして知られる「にこぴんしゃん祭り」が今月16日(日)、同町の向島中学校で開催されます。同イベントは、町内各地区の秋祭りを一本化して交流促進となる場を新たに設けようと、向島町商工会が町観光協会、JAなどと実行委員会を組織しスタートさせたもので、今年で13回目。住民公募で選ばれたユニークなネーミングのもとに長く親しまれ、今では向島のお祭りといえば“にこぴんしゃん”といわれるほど。「いつもニコニコ、背筋をピンと伸ばして、みんなで仲良くシャンと遊ぼう」と、にこぴんしゃんの意味を教えてくれたのは、向島町商工会経営指導員の玉里博明さん。例年、同商工会などとともに地元住民らが一体となった手づくりの催し、アトラクションが行われており、毎年1万人以上の人出を集めてにぎわいをみせています。

 イベントは、午前9時からのオープニングセレモニーに幕を開け、特設ステージでは尾道消防音楽隊の演奏をはじめ、歌謡ショーやキャラクターショー、ブラスバンド演奏などのステージプログラムが終日にぎやかに繰り広げられます。なかでも、町民が参加して行う恒例のなんでも自慢大会は、高見山太鼓や龍王子ども太鼓、かさ踊りをはじめとする郷土芸能が披露されるなど、参加者独自のパフォーマンスの中にも向島の魅力を再認識できると好評です。グラウンドで行われる商品展示即売会や模擬店、屋台村には、約50の地元企業、団体が参加。各種特産品の販売などを通じて地域の魅力を広くPRし、商工会商業部会や工業部会もそれぞれ餅つき、子ども向けアトラクションなどのプログラムを用意して参加者との交流を図るなど、笑顔とふれあいに満ちたイベントを通じて地域の活性化をめざします。体育館内でも花の島ならではのフラワーガーデンコンテスト、フリーマーケット、地元の小学生たちによる体験活動報告パネル展示といった文化的な催しが盛りだくさん。「向島の住民が一体となった町をあげての催しで、楽しい1日を過ごしてほしい」と玉里さん。みなさんもぜひ、向島最大の地域イベントにご家族そろってご参加ください。

●お問い合わせ/向島町商工会 TEL(0848)44-3005

このサイトを広める