アクティブニュース

全てみる

親善ビーチボールバレー県大会を開催(県女性連)

[予選を勝ち抜いた県内各ブロックの代表チームが、県立体育館で熱戦を展開]

地域イベント

広島県商工会連合会

本大会を制した瀬野川町商工会女性部チーム

 広島県内5ブロックの予選を勝ち抜いた32の代表チームを集めて今月21日、広島市中区基町の広島県立総合体育館小アリーナで「広島県商工会女性部親善ビーチボールバレー県大会」が行われました。この大会は、女性部同士の交流と親睦を深めるとともに、商工会活動の活性化に寄与することなどを願って毎年秋に行われているもので、今年で19回目。先に芸南、芸北、県央、備南、備北それぞれのブロックで予選が行われ、各ブロックの上位4チーム(備南、備北各3チーム)計18チームが本大会に出場。県大会総合優勝をめざして熱い戦いを繰り広げるとともに、一昨年から特別枠として設けられたシニアのカテゴリーでも、各ブロック予選を勝ち上がった代表13チームが本大会に劣らぬ熱戦を展開。出場選手、応援団などを含めて約300名がつめかけたアリーナ内にはつらつとした歓声と声援が響きました。

 当日、本大会では出場18チームをAからEの5つのブロックに、シニア大会では出場13チームをFからIの4つのブロックに分けて予選リーグを実施。本大会は上位2チーム、シニア大会は上位1チームを予選通過とし、それぞれ予選を勝ち抜いた10チームと4チームによる決勝トーナメントが行われました。予選リーグでは、日ごろの練習の成果を存分に発揮しようと、各チームがそれぞれのコートで熱戦を展開。選手たちのひたむきにボールを追う姿、好プレーの連続に会場内からさかんな拍手が送られました。本大会決勝は、2年連続の決勝進出となった芸北ブロック代表の芸北町に、芸南ブロック代表の瀬野川町が挑むかたちに。シニア大会決勝では、2年連続優勝を狙う芸北ブロック代表の大朝町に、芸南ブロック代表の能美町が挑みました。両決勝戦は、優勝をめざして双方が互いに激しくしのぎをけずる戦いを繰り広げ、本大会では瀬野川町が勝利。シニア大会では大朝町が貫禄の2連覇を果たしました。1日におよんだ熱戦の余韻が残るなかで行われた表彰式では、両決勝トーナメントの入賞チームに賞状とメダルなどが授与され、盛況裡のうちに大会は閉幕。惜しくも入賞を逃したチームも、この日ばかりは心地よい汗を流せた様子。出場選手らは互いの健闘を称えあうなど、晴れやかな笑顔を浮かべながら会場を後にしました。なお、本大会、シニア大会の各入賞チームは以下のとおりです。

本大会決勝トーナメント
・優 勝 瀬野川町商工会女性部チーム
・準優勝 芸北町商工会女性部チーム
・3 位 美土里町商工会女性部チーム
・4 位 木江町商工会女性部チーム

シニア大会決勝トーナメント
・優 勝 大朝町商工会女性部チーム
・準優勝 能美町商工会女性部チーム
・3 位 御調町商工会女性部チーム
・4 位 向原町商工会女性部チーム

このサイトを広める