アクティブニュース

全てみる

高原の秋を満喫しよう(神石郡三和町)

[ふるさとらしさが味わえる多彩な催しが、2日間にわたって盛りだくさん]

地域イベント

なし

高原のまちの魅力を存分に楽しめる2日間

 “高原物語~みんなで創ろう三和の味”をテーマに、高原の秋の実りやふるさとの文化などを紹介するイベント、「さんわふるさとフェア」が今月25日(土)、26日(日)の両日、神石郡三和町のさんわ総合センター(高蓋グラウンド)で開催されます。同フェアは毎年秋に開かれる同町最大のイベントで、ふるさとの豊かな歴史や自然とともに、地域に育まれた独自の文化や産業、特産物などを広く町内外にアピールすることで、町の活性化を図ろうと行われるもの。各種ステージイベントや子ども向けアトラクション、特産品の模擬店などが2日間にわたって盛りだくさんに繰り広げられ、地元住民のアイデアいっぱいの催しを楽しみながら、同町の魅力、高原の休日を心行くまで満喫できるイベントとして、毎年多くの人でにぎわいを見せています。

 同フェアでは、各種アトラクション、パフォーマンスが披露されるステージイベントとともに、食・楽・見の3つのジャンルに分かれた催しが訪れる人を楽しませてくれます。イベントステージでは、ふるさとの芸能、文化発表や子どもたちに人気のキャラクターショーなど、熱気あふれるプログラムが盛りだくさん。“三和を食べよう”をテーマにした「食」のイベントでは、三和町商工会女性部による松茸ごはん、松茸うどんをはじめ、神石牛の丸焼きや高原どんぶり、猪汁、地酒などの秋の味覚が来場者の食欲をそそり、“三和を楽しもう”と題して行われる「楽」のイベントでは、特産品のつかみ取り、マスの釣堀、餅つき大会、ワタ菓子づくりなどさまざまな体験メニューが時間を忘れさせてくれそうです。また、“三和を見よう”と銘打って行われる「見」のイベントでは、同町の歴史・文化写真展、絵画、書道の作品展、紙すき体験など、ふるさとの魅力を再発見できる手づくりの催しが多数行われる予定です。さらに、26日に開かれる恒例の竹馬大会、竹馬G1レースも注目イベントのひとつ。一般の部、学生の部とに分かれ、4人1組で竹馬リレーのタイムを競うレース競技で、当日会場での参加申込も可能。賞品総額10万円が用意された白熱必至の竹馬レースに、今年も熱い注目がそそがれることになりそうです。このほか、25日にはやまなみ文化ホールで千昌夫歌謡ショー(第1部午後3時開演、第2部午後7時開演。全席自由席3,000円)も開催。三和町商工会経営指導員の赤澤準次さんも、「この週末は、高原の美味しい空気とわが町の魅力を存分に堪能して」と、広く来場を呼びかけています。2日間にわたる多彩なイベントプログラムをみなさんもぜひ、楽しんでみてください。

●お問い合わせ/三和町商工会 TEL(08478)5-2338

このサイトを広める