アクティブニュース

全てみる

高原で秋の訪れ楽しむ(比婆郡比和町)

[季節の深まり、雄大な自然とともにふるさとの芸能や特産品を満喫する秋祭り]

地域イベント

なし

会場にほど近い吾妻山では今月末に紅葉が見ごろに

 日一日と秋が深まり、朝晩、寒さを肌で感じるようになりました。広島県と島根県境にまたがる比婆山連峰の一霊山として名高い、国定公園吾妻山の麓に広がる比婆郡比和町。同町の最北端にある吾妻山・比婆山連峰一帯では、ブナの原生林や木々の葉が少しずつ秋の色へと変わりつつあるようです。周囲の山々がようやく色づき始めるころ、同町では毎年、収穫祭とも位置づけられる恒例の秋の町民祭が行われています。町民全員参加による活力ある地域づくりを図ろうと行われる「比和やまびこ祭」で、自然と調和のとれた町づくりを進める同町ならではの秋祭りが今月12日(日)、吾妻山・福田頭の麓、比和町総合運動公園で開催されます。今年で11回目を迎えるやまびこ祭りは、ふるさとの伝統芸能、特産品などを一堂に集めて行われる町おこしイベントで、同町の雄大な自然とともに山菜や広島牛などの県北の味覚を堪能できる催しとして人気を集めています。

 やまびこ祭では、県無形民俗文化財の比和牛供養田植え、古くから県北に伝わる県民謡バイ流し、比和町商工会が町の新たな名物にと昨春考案した比和音頭をはじめ、刀踊り、扇踊り、傘踊りといったさわやかな秋の高原に繰り広げられる郷土芸能が見もの。また、特設のお祭り広場で開かれる特産市、バザーも毎年好評で、今年は商工会や地元の生産者グループなど28団体が模擬店を出店。各団体が広島牛の丸焼きや二八そば、シイタケ、自然薯など高原の秋の味覚を数多く用意して、それぞれ手づくりの味で訪れる人たちをもてなします。さらに今回は、歌謡ショー(大石まどか)やそば早食い競争、バナナの叩き売りなどの新たなステージアトラクションも加わり、「例年以上に町外の方にも楽しんでもらえるイベントとなった」と、同商工会経営指導員の平岡耕三さん。秋空のもと、テニス、ゲートボールの親善大会も元気いっぱいに繰り広げられるなど、同町の恵まれた自然の中で心豊かな休日を満喫できるプログラムが盛りだくさんです。みなさんもご家族そろって、さわやかな秋を楽しみに高原の町へでかけてみませんか。

●お問い合わせ/比和町商工会 TEL(082485)2330

このサイトを広める