アクティブニュース

全てみる

新鮮な海の幸が満載(福山市内海町)

[地域の特性を生かし、人と人との交流を目的とした手づくりイベント]

地域イベント

なし

地元で捕れた新鮮なシーフードバーベキューも味わえる

 広島県の東南部に位置し、おだやかな瀬戸内海気候と風光明媚な自然に恵まれた2つの島、田島、横島からなる福山市内海町。自然海岸や景勝地が多い同地区は、県自然環境および自然海浜保全地区、瀬戸内海国立公園の指定を受けており、同市の海洋観光の拠点としても期待されています。同地区では、これらの地域資源を掘り起こすとともに、交流人口を増やして地域の活性化を図ろうと毎年10月の第2日曜日、「内海ふれあいフェスティバル」が開かれています。近海でとれた活魚や海産物、加工品の販売を中心に、同地区の産業にちなんだ各種催しを繰り広げるイベントで、新鮮格安な海の幸を求めて近隣市町村からも多くの人が訪れ、例年3,000人近くの人出を集めてにぎわいを見せています。地場産業を通じてふるさとの魅力を再発見してもらう、この同地区恒例のふれあいフェスティバルが今年も今月12日(日)、福山市内海ふれあいホール・イベント広場において開催されます。

 福山市との合併後、初めての開催で、「福山市内海ふれあいフェスティバル2003」と名称も新たに。今回、内海町商工会が事務局となり、例年以上に盛りだくさんの企画が予定されています。「内海の特産品である海産物を主体に、人と人との交流を目的に行う、子どもから大人まで楽しめるふるさとならではの手づくりイベント」と同フェスティバルをPRするのは、同商工会経営指導員の篠原裕之さん。午前10時からのオープニングセレモニーに幕を開け、地元の有志、グループらがよさこいソーラン太鼓、和太鼓の演奏、二上がり踊りやよさこい踊りなど数々の郷土芸能を披露。イベント会場はお祭りムード一色に染まります。会場内では、毎年人気のまぐろ得々市をはじめ、直径4mの水槽の中で元気に泳ぐ新鮮なチヌやせいごなどの魚を網ですくうゲーム感覚の魚すくいコーナー(大人1回1,000円、小人1回500円)、地元で捕れた新鮮なアサリをいっぱいに持ち帰れるアサリつかみ取りコーナー(大人300円、小人200円)などの楽しい催しやアトラクションが盛りだくさん。鯛やアジ、タコ、カニなどの新鮮な魚介類を素材にしたシーフードバーベキューコーナー、町内の商店や各種団体による活魚、特産品の安売りも行われ、さらにお楽しみ抽選会、もちまきなどもイベントを大いに盛り上げてくれそうです。ふるさとらしさを生かした、新たな交流の場となる内海の楽しいイベントにみなさんも出かけてみませんか。なお、会場には駐車場がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

●お問い合わせ/内海町商工会 TEL(084)986-2240

このサイトを広める