アクティブニュース

全てみる

ふるさとの秋を満喫しよう(世羅郡世羅西町)

[多彩なイベントに加え、家族で楽しめるレジャー施設も盛りだくさん]

地域イベント

なし

多彩な温泉浴を楽しめる人気のクアパルクせらにし

 標高535mの黒川明神山のふもと、約34ヘクタールの広大な森林の中に開けた世羅郡世羅西町のレクリエーション施設、せらにし青少年旅行村。“みどりと太陽のふるさと”をキャッチフレーズに昭和50年、人と人との出会い、ふれあいを通じて青少年の健全な心身の育成を図ることなどを目的にオープンした総合レジャー施設で、温泉プールとジャグジーが一体となった温泉施設、オートキャンプ場、フィールドアスレチック、テニスコートや釣り堀などを備え、多彩なレジャーが楽しめるアウトドアスポットとして人気を集めています。また、豊かな自然環境の中に広がるアカマツ林と明神池、横路池の景観なども格別。この1年中がベストシーズンの旅行村で今月4日(土)、5日(日)の両日、ふるさとの秋を満喫できる恒例のイベント「旅行村秋まつり」が開催されます。

 イベントの目玉となるのが、ハンドメイドのすばらしさを知ってもらおうと、県内外の窯元、作家などを集めて行われる世羅高原陶芸クラフトフェスタ。芝の園のテント会場などを中心に、新進の作家たちが村内のバンガローやケビンを利用して、木工品や陶芸品、草木染めなどの作品の展示と即売を行います。身近な自然の材料を素材にした、素朴で味わいある作品を展示即売するだけでなく、各窯元、作家たちとも交流できる催しで、手づくり、モノづくりのすばらしさを実感することができるでしょう。期間中、地元の生産者グループなどによる農産物直売会が行われるほか、イベントを盛り上げようと世羅西町商工会青年部のメンバーらも飲食バザーを出店。「この模擬店が、イベントの意外なもうひとつの目玉」と胸を張るのは、同商工会の福岡洋三事務局長。部員らは2日間にわたり、テント会場内に串焼き場を設営。約10名のメンバーが牛串、鶏串などの実演販売を行う予定で、その手並みとこだわりの味付けが毎回来場者に好評を博しているのだとか。「部員たちも手馴れたもので、たくさんのファンもいるようだ」と福岡事務局長は太鼓判を押し、地域のホスピタリティの向上にもつながる部員らの活動が誇らしげな様子。4日は村内の釣り堀を利用した恒例の魚釣り大会、翌5日には錦鯉の品評会と即売なども行われる予定です。また、村内にあるクアパルクせらにしは、わが国初の地中熱を使ったヒートポンプシステムの温泉として誕生した温泉施設。ウォータースライダーや温泉プールをはじめ、かぶり湯、気泡湯、打たせ湯、ミストサウナなど、楽しみながら健康増進が図れることで家族連れなどに人気を集めています。水着着用温泉ですが、各種レンタルも用意されていますので手ぶらで訪れても安心。イベント期間中は入村料が大人300円、子ども200円と通常料金より安くなっていますので、秋のアウトドアレジャーを兼ねて、この週末はご家族で旅行村へ出かけてみてはいかがでしょうか。青年部員らも自慢の味を用意して、たくさんの来場を楽しみにしているようです。なお、クアパルクせらにしの入館料は大人500円、子ども400円です。

●お問い合わせ/せらにし青少年旅行村 TEL(0847)37-1356
●お問い合わせ/世羅西町商工会 TEL(0847)37-1075

このサイトを広める