アクティブニュース

全てみる

スポーツを通じて活力ある地域づくり(福山市新市町)

[老若男女が楽しめるペタンクの普及させ、世代間・地域間交流の促進を図る]

地域イベント

なし

 福山市新市町の新市商工会青年部のメンバーが現在、世代間・地域間交流の促進をめざして新たなスポーツ競技の普及活動に取り組んでいます。昨秋、県内21市町を舞台に繰り広げられたスポレク広島2002で、同町は都道府県代表参加種目トランポリンの開催地となり、新市町体育館でトランポリン大会が開かれました。その大会会場において同青年部は、来場者らにニュースポーツを紹介するための体験教室をボランティアで開き、ペタンクやグラウンドゴルフ、ストラックアウトなどの老若男女のハンディが少なく、簡易な用具でプレーを楽しめるスポーツ競技を広く紹介。目新しいスポーツとメンバーらの実演にたくさんの注目が集まりました。同青年部はそのなかで、適度な運動量を備え、特別なトレーニングをしなくても競技できるペタンクに着目。子どもからお年寄りまで楽しめるニュースポーツを通じて三世代交流を促進し、活力ある地域づくりをめざそうと普及活動をスタートさせ、その動きを今月に入ってから本格化させました。

 ペタンクとは、南フランスで生まれた球技で、直径3cmほどの木製の目標球をねらって金属製のボールを投げ合い、相手より標的球に近いボールの数を競うという競技。場所があれば特別な施設を必要とせず、老若男女問わず楽しめる手軽な屋外スポーツです。先日14日、同青年部の長谷川裕之部長ら6名のメンバーが、地元の新市中央中学校で行われたPTA球技大会の会場で、ペタンクの実演を披露。大会に集まった約100名の参加者にニュースポーツの楽しさ、魅力を紹介しました。翌15日には、御調町、駅家町、上下町3商工会青年部とのスポーツ交流会の場でもペタンクを紹介。その目新しさに他の部員らも興味を惹かれた様子で、こうした積み重ねのもとにペタンクを普及させ、明るい地域づくりに役立てたいと長谷川部長は意気込みます。同青年部では、11月2日に行われるしんいち菊まつりでのペタンク競技大会の開催を企画しており、新市4学区の各会長に協力を呼びかけるなど、幅広い年齢層が集うニュースポーツの大会を地域振興の呼び水としたい考えです。

●お問い合わせ/新市商工会 TEL(0847)52-4882

このサイトを広める