アクティブニュース

全てみる

戦略的な事業再構築についてのセミナー開催(中小企業大学校)

[業務提携、分社化、営業譲渡など、事業再構築の手段とその活用の仕方などを学ぶ]

セミナー・プロジェクト

なし

中小企業大学校広島校の講義風景

 現在、ビジネス社会で“選択と集中”という言葉が盛んに使われています。これはすなわち、効果の高い仕事だけを残し、そこに力を集中することによって目的を最大化しようということにほかなりません。激化する競争に勝ち抜くため、選択と集中の必要性がかつてないほど高まっている今日、多くの企業にとって事業の再構築は差し迫った重要な課題となっています。中小企業の人づくりのため、中小企業支援担当者や中小企業者の経営、管理者などに対する高度で専門的な研修を実施する総合的研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)では、経営者、管理者などに事業を再構築する上で有効な手段とそれを効果的に活用するための考え方、事業再構築のために必要なプロセスなどについて学んでもらおうと、来月1日(水)から3日間の日程による短期集中セミナー「戦略的事業再構築の進め方」を開催します。近年、規制緩和や優遇税制措置などによって、事業を再構築するための環境も整備されてきています。この研修では、企業内や企業間での組織再編が進展しつつある情勢に対応して、アウトソーシング、業務連携、分社化、営業譲渡、合併・買収(M&A)といった事業を再構築するうえで有効な手段と、それを効果的に活用するための考え方、事業再構築のために必要なプロセスなどについて、事例を交えながら学んでもらいます。

 初日はまず、“事業再構築の目的とメリット”“事業再構築の手段”の2つをテーマに、事業再構築をどのような目的で実施すべきか、事業再構築のメリットとは何かを理解してもらい、事業部制、会社分割、業務提携、合併、営業譲渡、買収などの手段の中から事業再構築のねらいによっていずれが適しているかといった、戦略的な事業再構築の考え方などについて学びます。2日目は“事業再構築の具体的な進め方”として、自社全体の評価や事業別・部門別評価の仕方、あるいは事業を再構築するうえでパートナーや交渉先となる他社の正当な評価の仕方、事業再構築に向けての社内体制づくりや専門家活用のポイントなど、事業再構築のために必要なプロセスや留意点などについて、事例や演習を交えながら具体的に学習。最終日には、弁護士や公認会計士が、中小企業から寄せられる事業再構築の相談案件を紹介しながら、事業再構築に関する法制・税制の整備動向とその主旨などについて説明を行います。市場競争が激化する現在、将来性の高い分野や得意分野の事業を充実させて、採算性に欠ける事業は極力削減していくことは、経営戦略上重要な課題です。この機会にぜひ、戦略的な事業再構築の進め方についてじっくりと学んでみてください。初日午後5時からは受講者同士の交流を深める交流会の開催も予定されています。定員20名、受講料2万5,000円。定員になり次第締め切ります。

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校研修課 TEL(082)278-4955
中小企業大学校のホームページはこちら

このサイトを広める