アクティブニュース

全てみる

工場管理者養成セミナー開催(中小企業大学校)

[工場管理に必要な知識を体系的に学び、管理者として必要な知識・技能を習得する]

セミナー・プロジェクト

なし

中小企業大学校広島校の講義風景

 この数年、環境が激変する製造業では最前線の製造課長(工場管理者・生産現場リーダー)に期待される役割はますます大きく、その力量も厳しく問われようとしています。多品種少量生産が進むなか、高品質、短納期、コストダウンの要請がよりいっそう強まっており、こうした要請に応えるためには、バランス良く全体の設計・改善を行うことが重要です。そのためには、工場の管理者が自社工場の設計・改善を行うに当たっての知識、技能、態度を総合的に身につける必要があります。中小企業の人づくりのため、中小企業支援担当者や中小企業者の経営、管理者などに対する高度で専門的な研修を実施する総合的研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)ではこうした時代変化を踏まえつつ、品質・納期・原価の関係を体系的に学ぶとともに、それを推進するための管理者としての役割などについて学び、工場管理者として自主的に行動できる能力の養成を図ってもらおうと、中小企業(製造業)の管理者、技術者などを対象としたセミナー「工場管理者養成コース(第10期)」を9月10日(水)から開催します。

 このセミナーは、製造業における品質・原価管理、コストダウンなどの生産管理の進め方と工場管理者の役割について認識を深め、生産管理能力の向上をめざすためのもので、月に3日間の短期集中セミナーを半年間、計6回わたって行います。工場管理者として必要な生産管理の仕組み・体系を理解することから始まり、納期が守れる生産システムの構築をねらいとする工程管理の考え方と進め方、リードタイム(生産期間)短縮の方策について、コストダウン活動の基礎として生産現場が押さえるべき原価管理の基本的な考え方など、工場管理に必要な知識を体系的に学べ、工場管理者として必要な知識・技能などを習得した後、自社の重要課題の具体的な改善案を作成します。この機会に、最前線管理者として責任を果たすための実務ポイントをじっくりと学んでみませんか。定員20名。受講料15万3,000円。定員になり次第締め切ります。なお、各月の研修開催日は次のとおりです。

9月10日(水)~9月12日(金) コーステーマ「工場管理の基本と生産合理化の進め方」
10月15日(水)~10月17日(金) コーステーマ「納期が守れる工場体質づくり」
11月26日(水)~11月28日(金) コーステーマ「高品質実現のための工場づくり」
12月15日(月)~12月17日(水) コーステーマ「原価意識の高揚とコストダウンの進め方」
1月21日(水)~ 1月23日(金) コーステーマ「自社工場のあるべき姿」
2月25日(水)~ 2月27日(金) コーステーマ「これからの工場管理と管理能力の開発」

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校研修課 TEL(082)278-4955
中小企業大学校のホームページはこちら   

このサイトを広める