アクティブニュース

全てみる

県北の盛夏の風物詩(双三郡吉舎町)

[同町単独としては最後の祭りで、幻想の世界とともにふるさとのすばらしさをPR]

地域イベント

なし

今年は5,100個の灯籠が馬洗川の川面を彩る

 毎年お盆、双三郡吉舎町の中心を巴に流れる馬洗川一面が幻想的な灯ろうの灯火に照らされる、県北地方に盛夏の訪れを告げる「吉舎ふれあい祭り」が今月15日(水)、同町役場前の親水公園を舞台に開催されます。地域の活性化をめざす吉舎町商工会独自の町民祭として昭和62年から始まったふれあい祭りも、現在では町をあげてのお祭りへとその規模を広げ、近隣市町村に例を見ないほどの光の祭典、県北の盛夏の風物詩として定着しました。今年で16回目の開催を数えるふれあい祭りですが、来年4月に予定される三次市、双三郡、甲奴町の8市町村の合併に伴い、同町の単独開催としてはこれが最後に。今回は、イベントを通じて郷土のすばらしさを再確認してもらおうと“きさ”をテーマに掲げ、地域の人々が積極的に参加できる住民参加型のイベントづくりが行われているのが特徴です。地元の各種団体による歌あり踊りありのステージイベントには、地元の中高生らも参加。吹奏楽の演奏、よさこいソーラン踊りなどの若さを感じさせる力いっぱいのパフォーマンスを披露して、元気な町“きさ”を観衆にアピールするとともに、今回のイベントを大いに盛り上げます。

 大小の灯籠が馬洗川の川岸を彩り、大花火が夜空に大輪の花を咲かせるなど、光と幻想の世界を夏の夜に描き出すふるさと祭り。同イベントのいちばんの目玉といえば、川岸を埋めて幻想的な輝きを見せる灯籠の数々。今回、用意される灯籠の数は5,100個。馬洗川に夕闇がせまるころ、その一つひとつに明かりが灯され、川面にファンタジックな世界がゆらめきます。大小さまざまな灯籠が織り成す光の世界は、まさに息を飲む美しさ。このほか、商工会青年部や女性部、各種団体などによる夏祭りに欠かせない夜店、子ども向けのアトラクションをはじめ、恒例の盆踊り、手づくり灯籠コンテスト、お祭りをテーマにした写真コンテストなどの催しも盛りだくさんで、町中を熱気に包んだお祭りは、真夏の夜空に大輪の花を咲かせる打ち上げ花火でフィナーレを迎えます。今回は2,000発の花火が用意され、祭りのハイライトである大花火大会でも大きな盛り上がりが期待できそうです。「これまで継続してきた祭りをさらに来年以降につなげていけるよう、多くの方に参加してもらい、地域の人々とともにこのふるさと祭りを盛り上げてもらいたい」と、同商工会経営指導員の片山公雄さん。みなさんもぜひ、吉舎町最後となる今年のふるさと祭りにご家族そろってお出かけください。なお、当日は駐車場台数に限りがありますので、お早めの来場もしくは相乗りにてお越しください。

●お問い合わせ/吉舎町商工会 TEL(0824)43-3171

このサイトを広める