アクティブニュース

全てみる

経営戦略の立て方とその実践を学ぶセミナー開催(中小企業大学校)

[自社の経営戦略や経営計画の作り方など習得する、3日間の短期集中セミナー]

セミナー・プロジェクト

なし

中小企業大学校広島校の講義風景

 中小企業の人づくりのため、中小企業支援担当者や中小企業者の経営、管理者などに対する高度で専門的な研修を実施する総合的研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)では9月16日(火)から3日間の日程で、経営者、管理者、後継者の方などを対象に、経営環境の変化を見定め、それに対応した経営戦略を構築する方法を学ぶとともに、経営戦略を実現するためのより具体的な経営計画の策定の仕方と実践上のポイントなどを学ぶためのセミナー、「経営戦略の立て方とその実践」を開催します。市場が成熟化するとともに市場規模が縮小するなかで、過去の延長から未来の方向を予測しても答えを見出すことができにくい今の時代。変化の激しい時代に、世の中が変わったのだから企業も変わらなければならないという認識を持ち、今の時代にあった経営戦略を構築し実践していくことが、競争力を高めるとともに持続的な成長を可能にします。今回の研修は、自社の“強み”を把握し、今後の進むべき方向や自社ビジョンを明確にしたうえで、成果創出につながる経営戦略づくりについてグループディスカッションや演習を交えて学んでもらうためのもので、3日間の短期集中型セミナーとして行われます。

 経営環境が激変している今こそ、革新的な経営戦略が求められています。この研修では、経営戦略の必要性、経営戦略の構築の仕方、自社の経営戦略と経営計画の作成の3つのポイントに重点を置き、講座を展開していきます。初日はまず、“競争に打ち勝つための経営戦略とは?”をテーマに、競争に打ち勝つため、企業自身がどのように自らを変革していかなければならないか、そのためにはどのような意思決定の仕組みや組織づくりが必要かなど、経営戦略構築の基本的な考え方について、モデル企業や自社などを題材にした演習を交えながら学びます。2日目は、製造業、建設業、サービス業、小売業など業種を考慮したグループに分かれ、グループディスカッションや講師の個別指導を実施。自社の経営資源の分析、自社を取り巻く環境の現状と将来の変化予測などを通じて、自社の“強み”を認識し、今の時にあった自社の経営ビジョンを明確化してもらいます。最終日には、自社の経営ビジョンに沿った事業創出や構造転換、補完的連携などを折り込んだ実践的な経営戦略・計画を策定する演習講座を予定しています。今の時代をどう読み、どうビジョンをつくるのか。この機会に自社の経営戦略、経営計画の作り方を学んでみてください。初日午後5時からは受講者同士の交流を深める交流会の開催も予定されています。定員30名、受講料2万5,000円。定員になり次第締め切ります。

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校研修課 TEL(082)278-4955
中小企業大学校のホームページはこちら   

このサイトを広める