アクティブニュース

全てみる

ダム湖の魅力を満喫しよう(高田郡八千代町)

[真夏の土師ダムでボートレースを通じたさわやかな世代間交流がはぐくまれる]

地域イベント

なし

商工会では大会の収録映像を町のPRに活用

 高田郡八千代町の八千代湖(土師ダム)で今月3日(日)、多くの人にダム湖への愛着を深めてもらうとともに、水に親しむことを通して人と人との交流、連携を図ることを目的に「八千代湖交流ボート大会」が行われます。平成12年に初開催されて以来、年々参加者の数も増えるなど、本格的な夏の到来とともに行われる恒例イベントとして定着した同大会。今大会には町内外から全24チームが参加し、真夏の炎天下、ボートレースを通じて、小学生から70歳代のご年配まで幅広い層の参加者が世代を超えたさわやかな交流を繰り広げます。この大会に、同町の八千代町商工会も役員および職員、青年部員などでメンバーを構成し、チームとして参加。地元で行われる大会を盛り上げると同時に、地域の活性化にもつながる親水活動の振興を図ろうと多くの人の来場を呼びかけています。

 大会は1チーム10名の構成で、往復350mのコースをタイムトライアルにより順位を競います。大会に使用される交流ボート(Eボート)とは、川やダム湖などの水辺で人々が交流することで水辺や流域の環境を見直し考え直すきっかけを作り、エコライフを促進させるための新しい道具として考案された、誰でも簡単に操作できる安全性の高い手漕ぎボート。漕ぎ手それぞれが1本のオールを手漕ぎし、太鼓などに合わせて櫓を漕ぐもので、水辺交流のツールとして全国で親しまれています。当日は、各チームが思い思いの鳴り物や衣装などで個性を発揮し、ユニークかつ白熱したボートレースが土師ダムに展開されることになりそうです。また、大会当日は、地元の人々もバザーを開くなどして参加者とのふれあいや交流を図り、のどごえ公園での噴水遊びなど子ども向けのアトラクションもにぎやかに行われる予定です。

 なお、今大会には、県商工労働部新産業振興室が推進するデジタルコンテンツ作成支援事業が協賛し、大会の模様をデジタル映像として収録。デジタル映像制作能力を持つ人材の養成と雇用促進を図るとともに、デジタル映像発信ニーズをもつ商工団体などが必要とする映像コンテンツを制作編集するための事業で、同商工会では作成された映像を広報媒体などを通じて情報発信し、水と緑の景観を楽しめる環境が豊富な土師ダムの効果的なPRを交流人口の増加、地域の活性化に役立てたい考えのようです。みなさんもこの機会に水と緑に囲まれた土師ダムの魅力を満喫して、ダム湖の素晴らしさを再確認してみてください。

●お問い合わせ/八千代町商工会 TEL(0826)52-2542

このサイトを広める