アクティブニュース

全てみる

清流・江の川で夏を楽しもう(双三郡作木村)

[ユニークなたらいこぎレースをはじめ、ふるさと体験を楽しめる催し満載のイベント]

地域イベント

なし

観覧者も大いに楽しめるユニークなイベント

 江の川を利用した舟運によって開け、かつて三次~江津を結ぶ陰陽交通の要所として大きな役割を果たした双三郡作木村で今月27日(日)、地域の特性を生かしたユニークな催し「江の川夏まつりinさくぎ」が開催されます。このイベントは、地域住民に楽しみの場を広く提供するとともに、昨春、同村香淀に本格オープンした江の川カヌー公園さくぎの利用促進を図ることなどを目的に行われるもの。清流・江の川に浮かべたたらいをカヌーに見立て行うユニークなレースをとおして、カヌー公園をより身近に感じてもらい広域的な集客をめざそうと、作木村商工会を中心に観光協会などで組織するイベント実行委員会が、21世紀の新たなふるさとづくりにつながるイベントとして企画しました。昨年初開催され好評を博し、2回目を迎える今回もたらいこぎレースやサブイベントに加え、各種団体のバザー出店ブースなど盛りだくさんの内容で、来場者がさまざまなふるさと体験を楽しめる参加体験型のイベントとなっています。

 イベントの目玉となるたらいこぎレースは、約90年の伝統を誇る秋田県増田町の“元祖たらいこぎ選手権”を参考に、同村ならではの工夫を凝らしたオリジナル競技。従来、たらいを手で漕ぐところを、直径90cmのたらいをカヌーに見立て、参加者がパドルを使って速さを競うのがこのレースの大きな特徴です。不安定なたらいのバランスをうまく保ちながら、川の流れにのって、いかに早くゴールをめざすか。レースはふだん同公園で親しまれているカヌーとはひとあじ違った妙味にあふれ、子どもから大人まで楽しめる趣向となっています。「見る人もハラハラするような一体感を楽しめるイベントで、今回は観覧席の整備も充実させている」と、このレースを企画した同商工会経営指導員の井上憲さん。さらに、特設ステージを設けたサブイベント会場では、勇壮な布野女太鼓をはじめとする各種ステージイベントをはじめ、和牛バーベキュー、やまめのつかみ取り、特産品の販売や作木産野菜の青空市、各種バザーなどの多彩なプログラムも楽しめます。盛りだくさんの催しを満載したイベントを通じて、みなさんもふるさとの素晴らしさ、楽しい夏の1日を心ゆくまで満喫してみませんか。

●お問い合わせ/作木村商工会 TEL(0824)55-2124

このサイトを広める