アクティブニュース

全てみる

暮らしの夢はこぶ市場が大盛況(沼隈郡沼隈町)

[商工会が高齢者支援のためのサービスを充実させた、地域密着型スーパーを開設]

事業所・店舗紹介

なし

 沼隈郡沼隈町の沼隈町商工会が今月1日、新たな商業集積が進む同町草深にオープンさせた「商工会ふれあい市場千年店」が、高齢者の生活支援を中心にしたサービスで地域のお年寄りなどに喜ばれているようです。ふれあい市場は、同町の商店主らが出資する地域密着型スーパーで、同商工会が総合スーパーの相次ぐ出店などで売り上げに苦しむ地元商店に呼びかけ、旧JA沼隈のくみあいスーパー千年店を活用し開設したもの。地元店を一同に集めた日常生活支援センターとして、とくに高齢者を対象に、日用必需品をはじめとして広島県内の特産品など“安心・安全・健康”をキーワードに各種こだわりの商品を提供しています。ふれあい市場には、精肉、水産、製菓、衣料品など13業者がそれぞれのコーナーを設置。県内産の有機農法米や鮮魚などの一般食品やユニバーサル衣料、日用雑貨品、日配品などを販売しています。さらに、広島県のアンテナショップ、ひろしま夢ぷらざとも連携し、県内各地の特産品約2,500種の展示販売も行っています。

 「高齢化など地域の課題を見すえた、高齢者のための店づくり。それがいちばんのコンセプト」と、同商工会の井ノ原充宏事務局長。ふれあい市場では、高齢者に配慮した宅配サービス、困りごと相談コーナーなどのきめ細かいサービスで高齢者を中心とした集客を見込み、町内に相次いで進出する総合スーパーなどとの差別化を図っています。社会福祉協議会と連携した無料配送システム、買い物代行などのサービスを地域全体に展開するとともに、高齢者のさまざまなニーズに相談員が対応。身近な困りごとの相談に、福祉行政など関係機関と連携しながら問題解決にあたっています。これまでの店舗は店側の考えが運営の主体だった、と井ノ原事務局長は前置きし、「より高齢者の声を反映できる店づくりに留意し、そうした取り組みのなかから地域商業の生き残り策を模索していきたい」と意気込みを語ります。良質の品ぞろえと良心価格、気軽に談話できるような雰囲気づくりなどを通じて、同商工会ではふれあい市場を地域の活性化に大いに役立てたい考えのようです。また、同町と福山市内海町にある旧JA直営スーパー3店舗を活用し、さらに店舗を拡大する構えです。みなさんもぜひ、暮らしに夢を運ぶ、にぎわいのあふれるふれあい市場に足を運んでみてはいかがでしょうか。営業時間/午前9時~午後6時。

●お問い合わせ/商工会ふれあい市場千年店 TEL(084)980-0228
●お問い合わせ/沼隈町商工会 TEL(084)987-0328

このサイトを広める