アクティブニュース

全てみる

コンピテンシーによる評価制度の作り方セミナー開催(中小企業大学校)

[近年注目される人事評価制度の考え方、展開方法などを学ぶ]

セミナー・プロジェクト

なし

中小企業大学校広島校の講義風景

 市場環境が大きく変化し企業間競争が激化している現在、企業が勝ち残っていくには経営ビジョンにそって社員一人ひとりが自ら行動を変革し、これまで以上の業績水準を達成していくことが強く求められています。組織の活力を生み出すとともに、分かりやすい人事評価制度として“コンピテンシー(高い業績を上げている社員の行動特性)”を活用した人事評価制度が注目されています。コンピテンシーに基づいた人事評価制度はここ数年、国内企業での導入例も増加し、もはや新しい人事制度導入を検討するうえで不可欠の概念となってきています。常に高い成果を上げている社員について、情報収集や対外折衝の仕方などの行動パターンを分析、評価基準として公開するというこの制度は、人事評価はもちろんのこと人材育成、配置、昇格基準としても活用が進んでいます。従来の“能力”を評価する制度とは異なり、その能力が成果につながるのかどうかだけを評価していこうとするもので、「成果主義のキーワード」としても活用されています。中小企業者の経営・管理者などに対する高度で専門的な研修を実施する総合的研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)では7月23日(水)から25日(金)までの3日間、このコンピテンシーの基本的な考え方、コンピテンシーを活用した評価制度の作り方などについて学んでもらう「コンピテンシーによる評価制度の作り方 (新人事システム導入シリーズⅡ)」を開催します。

 コンピテンシーとは、仕事ができる人の行動に見られる顕在的な行動様式や意欲、知識、スキルの特性のこと。同セミナーでは、企業の経営者、管理者、人事部門担当者を対象に、コンピテンシーの基本的な考え方やその背景などについて正しく理解したうえで、いかに評価制度に導入していくべきかなどを解説。さらに、“コンピテンシー戦略の導入と実践”をテーマに、コンピテンシーの考え方をもとに、実際に成果をあげるための人事評価制度の導入方法などについて、演習を交えながら学んでもらうほか、バランススコアカードを使いながら、運用上の留意点・問題点を解説、評価後の指導、育成のポイントなども説明します。成果に直接結びつく社員の行動特性とは何かを知り、測定することができれば、全社員の行動の質を高めることが大いに期待できるでしょう。コンピテンシーを把握して、みなさんの企業も行動改革してみませんか。受講料2万5,000円。定員30名。定員になり次第締め切ります。

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校研修課 TEL(082)278-4955

中小企業大学校のホームページはこちら   

このサイトを広める