アクティブニュース

全てみる

ぽっぽカードで商店街活性化(山県郡加計町)

[県内29番目の導入で、独自の特典などを加えてプレミア色強める]

お得情報・キャンペーン情報

なし

 山県郡加計町の加計町商工会が今月11日から、本県連が進めている加盟店共通のポイントサービス「ぽっぽカード」を導入しました。同カード事業が導入されるのは、今年に入ってからは作木村商工会が試験的に取り入れたのに次いで2番目、広島県内では29番目。同カードは県内すべての加盟店で利用できる共通広域カードとして多くの消費者に利用され、これまで県内28商工会約500店舗がこのカード事業に加盟しています。同商工会では商店街に新たな活気をもたらそうと、従来の地域限定のポイントカードから広域カード事業へと切り替えることに決定し、先月1日から同カード事業への動きを本格化。同町で18年間続いたワンワンスタンプ会をリニューアルするかたちで、わずか1か月あまりでの導入を実現しました。生鮮食料品や酒店、寝具店、写真店など会員のうち33店舗でスタート。商工会ではまずまずの出足しであると見ているようです。

 ぽっぽカードのシステムは、加盟店舗ごとに専用カードを発行し、各店が専用のカードリーダーで、買い上げ金額に応じたポイントを直接カードに記載するというもの。100円の買い物で1ポイント、500ポイントで満点カードに。満点カードが一定数になれば旅行券や商品券などの特典が得られますが、同商工会では西中国選抜神楽競演大会や日帰り初詣招待旅行などの招待券が当たる独自のサービスでプレミア色を強めています。同商工会ではぽっぽカードの導入に際し、ワンワンスタンプ加盟店を対象とした勉強会、説明会を実施。加盟41店舗をそのままスライドさせたい考えでしたが、カード決済をするための端末機を導入しなければならないことなどもあって、全店の加盟には至りませんでした。加計町スタンプ会の土橋修治会長は、「悪くない出足し。しばらくは様子を探り、その後は個別訪問などで改めて新規加盟店の募集に乗り出したい」と、新たなカードのイメージを定着させた後、より多くの加盟店獲得へ向けての意欲を見せています。ぽっぽカードご利用の近隣町村のみなさん、これからは加計町の加盟店でもカードが使えるようになりました。ぜひ、ご活用ください。

●お問い合わせ/加計町商工会 TEL(0826)22-1221

このサイトを広める