アクティブニュース

全てみる

梨の木のオーナー募集(双三郡作木村)

[いちばん旬の時期に、無袋栽培の美味しい梨を欲しいだけの量収穫できる]

地域イベント

なし

有機質を主体に無袋で梨を栽培する高丸農園

 双三郡作木村高丸の農事組合法人、高丸農園が「梨づくり会員」を募集しています。これは、1樹当たり2,000円で梨の木の園主になってもらう立木のオーナー制度で、果樹の生長を楽しみながら、旬の時期に欲しいだけの量が収穫できるというもの。同園は県名勝、常清滝の源流部、標高450mの高原に広がる梨の栽培農園で、同地域5名の農家が組合を組織し運営を行っています。同地域の年間平均気温は11度。夏も涼しく、昼夜の温度差は9~10度で推移しており、その気候条件を生かして、有機質を主体に無袋で直射日光を果実に当てる方法で梨の栽培を行っています。同園で栽培される筑水梨、幸水梨、豊水梨などはいずれも糖度が高く、果肉がみずみずしく成長した良質の完熟梨として高い評価を博しています。梨づくり会員は、地域に開かれた観光農園のあり方を模索しようと昨年から始められた取り組みで、1年目は87名が立木契約し、2回目の取り組みとなる今回、同園は約150組のオーナー契約を見込んで広く募集を呼びかけています。

 立木のオーナーになると、予約樹の梨、おおむね250個の範囲内で欲しいだけの量を収穫でき、割引価格の500円で買い取ることが可能に。また、収穫来園時に4名まで梨狩りが無料サービスとなる特典などが受けられます。同園では今月31日(土)、会員希望者を対象にオープニングイベントを開催。オーナー樹の決定や摘果作業を行うほか、県無形民俗文化財に指定される同村の伊賀和志神楽団の演舞を見ながら、昼食を楽しんでもらう予定です。なお、この日の昼食は作木村商工会青年部の協力により、園内で鯛めしなどの実演販売が行われることになっています。「高丸農園は豊かな自然に満ちあふれた場所。こうした機会に、訪れる人たちに作木のすばらしさを知ってもらいたい」と、同商工会経営指導員の井上憲さんも多くの来園に期待しているようです。みなさんもぜひ、梨の木のオーナーになって、秋にみずみずしい梨の収穫を楽しんでみませんか。なお、梨づくり会員は1年契約で、個人でも団体でも可能です。

●お問い合わせ/農事組合法人高丸農園 TEL(0824)55-2833
●お問い合わせ/作木村商工会 TEL(0824)55-2124

このサイトを広める