アクティブニュース

全てみる

西日本一のふじが見ごろに(世羅郡世羅町)

[今月18日までの開園期間中、来園者を楽しませるイベントも数多く予定]

地域イベント

なし

西日本一の規模を誇るせらふじ園

 標高430m、世羅高原の広大な山あいの地に1,200本のピンクのふじが咲き乱れる世羅郡世羅町のフラワーパークせらふじ園。先月26日の開園以来、園内に咲き誇る牡丹桜、つつじ、リビングストンデージーなどを一目見ようと連日多くの花見客が訪れ、好天に恵まれたゴールデンウィーク最後の3連休、同園は心地よい春の花園散策を楽しむ多くの人出でにぎわいました。同園では現在、牡丹桜、つつじなどと入れ替わるように、西日本随一の規模を誇るふじが見ごろを迎えようとしています。同園のふじ棚には大きな房の花がいっせいに咲き、ピンク色のトンネルのようにふじ棚が美しく染まり始めました。同園ではこのふじの見ごろに合わせ、今月18日(日)までを「せらふじ祭り」として多彩なイベントの開催を予定しています。

 今月8日(木)は園内で琴や舞踊、銭太鼓といった伝統芸の数々が繰り広げられ、今週末には見ごろを迎えた農園を式場に見立て、花々に囲まれたなかで挙式を挙げてもらう花園金婚式、ふじ娘・写真コンテスト表彰式、ヘリコプター遊覧飛行などが。来週末にも大正琴や民謡三味線、奇術をはじめ、カラオケ大会などさまざまな催しが予定されています。また、同期間中、園内でのライトアップを実施。例年、夜のお花見が楽しめることでも人気を呼んでおり、今年もぼんぼり、提灯などに照らされたふじが幻想的な世界を演出してくれるようです。世羅町商工会経営指導員の濱崎芳幸さんは、「ゴールデンウィークが終わっても、花の見ごろはまだまだこれから。この季節ならではの自然の彩りを多くの人に見て、楽しんでもらいたい」と、多くの人の来園に期待している様子。入園料は大人700円、小人300円。開園時間は午前9時~午後9時まで。みなさんもぜひ、西日本一ともいわれる美しいふじの彩りをお楽しみください。

●お問い合わせ/フラワーパークせらふじ園 TEL(0847)22-0020
●お問い合わせ/世羅町商工会 TEL(0847)22-0489

このサイトを広める