アクティブニュース

全てみる

芝桜庭園で手づくりのもてなし(世羅郡世羅西町)

[見ごろを迎えた観光花農園でバザーを催し、訪れた観光客らとふれあう]

事業所・店舗紹介

なし

部員らが活動を行った芝桜庭園、花夢の里

 40万株の芝桜が満開を迎えた世羅郡世羅西町の花夢の里で27日、世羅西町商工会青年部のメンバーらが地域奉仕活動の一環としてバザーを催し、手づくりのもてなしが同園を訪れた観光客に喜ばれました。同園は、平成10年4月にオープンした西日本最大の芝桜庭園。芝桜まつりとして今月中旬まで開園予定で、この間、青年部員らは相互の交流を深めるとともに、訪れた人々に芝桜の鑑賞をより楽しんでもらおうと模擬店の出店を企画しました。青年部が同園でバザーを行うのは今年で3回目。当日は天候にも恵まれ、県内初の本格的芝桜庭園を一目見ようと多くの人出が集まるなか、部員らの模擬店には長蛇の列ができるなどたいへん好評を博しました。

 今回の模擬店の出店には10名の部員が参加。早朝7時30分から観光客を迎える準備を整え、牛串焼きや焼きそばといった手づくりの食事と飲み物などを用意して、訪れる人々を温かく出迎えました。この日、青年部とともに町内3つの同好会やグループなど地元の有志らもそれぞれ模擬店を開くなど、同園は大いに活気づき、部員らは予定時間を上回る午後3時まで観光客の応対などに汗を流しました。部員同士はもとより、町外から訪れた人々と交流を深めることができたうえ、部員らは広く同部をPRできたことにも満足の様子で、今後も地域活性化に向けての奉仕活動を積極的に行っていきたいと意気込みを新たにしていました。部員らとともに活動を行った同商工会補助員の横山京子さんは、「遠くから訪れた人々にもたいへんよろこばれた。今月3日には、町内の青少年旅行村でのイベントでも女性部が同様の企画を行う予定で、花夢の里と合わせてこちらにも多くの人に足を運んでもらいたい」と、この機会に世羅西町の魅力と両部員らの活躍を広く知ってもらいたい考えのようです。

●お問い合わせ/世羅西町商工会 TEL(08473)7-1075

このサイトを広める