アクティブニュース

全てみる

自然を体感し遊び心を育てよう(双三郡作木村)

[色とりどりの舟艇が、カヌーシーズンを迎えた江の川の水面を彩る]

地域イベント

なし

作木の自然を生かしたアドベンチャーゾーン

 島根との県境にほど近い、江の川上流部。都会にはない自然の美しさを、カヌーに乗った目線から体感できるアウトドアスポットとして人気の双三郡作木村の江の川カヌー公園さくぎで今月20日(日)、「桜杯カヌー大会inさくぎ」が開催されます。カヌー体験やオートキャンプが楽しめる新感覚レジャースポットとして注目される同施設のPRとともに、同村の風光明媚な自然を体感しながら、参加者らに遊び心を育ててもらおうという大会で、今回で2回目。カヌーをはじめカヤック、カナディアン、ライフボートなどさまざまな舟艇が江の川へと漕ぎ出し、カヌーシーズンを迎えた中国地方随一の大河の水面を彩ります。

 この大会は速さを競うものではなく、あらかじめ申告した自己タイムとゴールタイムの差がいかに少ないかを競うもの。タイムマッチレースと呼ばれる競技方式で、時計やストップウオッチ、伴走などを付けず、参加者らは約3kmのコースを自分自身と話し合いながらゴールをめざすのです。カヌー以外の舟艇にもカテゴリーが広げられたことで、参加者の数も大幅に上回り、前回にも増した大会の盛り上がりが期待されています。7月28日に2回目の開催が決定した、たらいこぎレースをメインイベントとする“江の川夏まつりinさくぎ”PRのため、当日、たらいに乗って大会に参加するという作木村商工会経営指導員の井上憲さんは、「江の川の清流がおりなす景観は作木が誇る財産のひとつ。大会を通じて、多くの方にそのすばらしさを知ってほしい」と、観覧も含めての大会参加を広く呼びかけています。カヌーやボートなどの乗り物を用意できる人は当日参加も可能です。また、大会と合わせて同施設内で開かれるフリーマーケットの参加者も募集していますので、お気軽にお問い合わせください。同施設では1日5回のカヌースクールが開校。カヤックという1人乗りカヌーのスクールで、小学生から参加することができます。施設内には囲炉裏のあるコテージやオートキャンプ場、リバーサイドキャンプ場などが備わり、カヌーや釣具のレンタルも用意され、気軽なデイキャンプなども楽しめる体験施設です。みなさんもこの機会にカヌー公園に足を運んで、作木が誇る豊かな自然とのふれあいを楽しんでみてください。

●お問い合わせ/作木村商工会 TEL(0824)55-2124
●お問い合わせ/江の川カヌー公園さくぎ TEL(0824)55-7050

このサイトを広める