アクティブニュース

全てみる

写生大会の参加者を募集(御調郡御調町)

[スケッチを楽しんでもらいながら、ふるさとへの再認識と商店街の活性化を図る]

地域イベント

なし

春には桜に包まれ、町民の憩いの場に

 御調郡御調町の御調町商工会青年部が今月13日(日)、同町高尾の圓鍔記念公園で、「御調町春まつり」と題して写生・お絵かき大会を行います。絵を描くことの楽しさを通じて地域の子どもたちなどにふるさとの良さを見つめ直してもらおうと毎年開かれている催しで、同青年部では現在、このイベントの参加者を募集しています。同町出身で、日本彫刻界の巨匠、圓鍔勝三(えんつばかつぞう)氏の作品を保存・展示し、その偉業を讃えるため同町に圓鍔記念館、圓鍔記念公園が開館、整備されたことなどを機に8年前、町の素晴らしさを再認識してもらおうと同青年部が企画したもの。同園の染井吉野の開花期に合わせて行われることから、お花見をかねた行楽行事として例年多くの家族連れなどでにぎわっています。

 画用紙、クレヨン、色鉛筆などは青年部が用意。風景画、母の画のいずれかのテーマに沿って、園内を散策しながら自由に絵を描いてもらいます。完成した作品を同町中心市街地の空き店舗を利用したふれあいアートギャラリーに展示し、買い物客らへの一般公開を予定するなど、青年部はこの催しを通じて商店街の活性化も図りたい考えです。また、春まつりらしい雰囲気を楽しんでもらおうと、当日は青年部による屋台コーナー、同園に併設されたみつぎ遊々館にも模擬店などが多数出店します。「御調町で春の訪れを感じてもらいながら、家族連れの方々などに楽しい1日を過ごしてもらいたい」と、同商工会経営指導員の柏原啓壮さん。また、町外などからの入り込み客を見込んで、今回は同町大田にオープンした道の駅、クロスロードみつぎでも特産品の店頭展示即売会などが行われる予定です。参加費は無料ですので、ぜひご家族そろってご参加ください。

●お問い合わせ/御調町商工会 TEL(08487)6-0282

このサイトを広める