アクティブニュース

全てみる

経済講演会を開催(福山市駅家町)

[地域の事業者に今後の経営の参考にしてもらおうと、産官連携による初の試み]

セミナー・プロジェクト

なし

景気予測にすぐれた浅井氏

 年度当初、若干の回復傾向にあった景況も第三四半期から下降に転じるなど、日本の経済はまったく出口の灯りが見えない厳しい状況が続いています。政府はデフレ経済からの脱却をめざし、不良債権処理策を加速し金融システムの安定化や税制改正など数々の施策を打ち出していますが、依然として消費の低迷、設備投資の減退、海外生産移行にともなう産業の空洞化や失業問題など問題山積の年の幕開けとなっています。こうした厳しい状況のなか、福山市駅家町の駅家町商工会では今回初の試みとして、駅家学区ふれあい事業推進委員会(駅家公民館)との共同による産官連携の「新春経済講演会」を今月14日(金)、福山市駅家町の福山市北部市民センターで開催します。今回の講演会では、先の見えない状況が続くなかで気になる日本経済の今後について理解を深め、地域の事業者らにこれからの経営方針の参考にしてもらおうと、経済ジャーナリストの浅井隆氏を招いて、“これからの日本経済の展望と2003年を勝ち抜くための戦略的着眼点”をテーマに講演を行います。浅井氏は新進気鋭のジャーナリストとして知られ、著書に『文明と経済の衝突』『大不況サバイバル読本』ほか多数あり、精度の高い経済予測には定評があります。「手にした著作はいずれもすばらしいものばかり。参加する方々には事業に役立つヒントをつかんでもらいたい」と、同商工会経営指導員の荒川雅和さんもこの講演会に寄せる期待は大きいようです。講演は午後6時30分から。入場無料。会員をはじめ一般の参加もお待ちしています。

 また、同商工会では今月18日(火)、同商工会館2階大研修室で「賃金制度セミナー講演会」の開催も予定しています。中小企業賃金制度支援事業の一環として開かれる講演会で、賃金アドバイザーの三浦宏司氏による“賃金制度の今後の方向”、片岡俊郎福山大学教授による“地域金融と労働事情”それぞれの講演会を行います。講演は午後1時30分~午後4時30分まで。入場無料。会または町の内外にかかわらず、多くの方のご聴講をお待ちしています。両講演会についての詳しくは、商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/駅家町商工会 TEL(0849)76-3111

このサイトを広める