アクティブニュース

全てみる

親雪型イベントを初開催(比婆郡比和町)

[町を代表する観光地の豊富な雪を利用して、町おこしを図る]

地域イベント

なし

 島根県境にまたがる比婆山連邦の一霊山として名高い国定公園吾妻山ふもとの町、比婆郡比和町で、“雪の中で1日楽しく遊びませんか”をテーマに今月9日(日)、「比和町雪まつり」が開催されます。このイベントは、昨年9月に発足した比和町観光協会のイベント事業部会が初事業として実施する催しで、県内有数の豪雪地である町の特性を生かし、地域の観光PRと町おこしを図ろうと企画されたもの。「この時期、スキーなどを楽しもうと入り込み客数は増えるものの、町を素通りする人が多い」と、比和町商工会経営指導員の平岡耕三さん。同町ではかねてから、豪雪という自然環境を逆手にとり、人が集まることによる活力を地域の活性化につなげるためのイベントの実施が課題とされていました。今回のイベントでは、吾妻山の豊富な雪を利用したそりのタイムレース、雪だるまコンテストといったプログラムを用意し、同町ならではの冬の魅力を訪れる人々にアピールしたい考えです。

 会場となるのは、同町森脇の休暇村吾妻山周辺。プログラム第1部となる手作りそりレースは、作品の創意工夫とタイムを競うレース。市販のそりなどに思い思いの仮装を施した参加者らが、雪上でパフォーマンス豊かななタイムレースを繰り広げます。第2部の雪だるまコンテストは、自由テーマで作品の造形美や出来栄えを競うもので、吾妻山の雪原に作り出される個性豊かなミニ雪だるまが見ものです。また、当日は来場者などに特製のししなべや甘酒、しるこの無料サービスも行われる予定です。「雪の季節に行われるイベントがこれまでになかった。この機会に多くの人々に冬の比和町のすばらしさを知ってもらいたい」と、平岡指導員も初の試みとなるイベントに大きな期待を寄せているようです。

●お問い合わせ/比和町観光協会(商工会内) TEL(082485)2330

このサイトを広める