アクティブニュース

全てみる

新鮮なかきづくしの2日間(佐伯郡宮島町)

[宮島かきをふんだんに使った料理が格安で味わえる、広島県内で最も古いかき祭り]

地域イベント

なし

購入したかきがその場で食べられる浜焼きコーナー

 今年で19回目を迎え、広島湾沿岸の町村で開かれるかき祭りの中で最も古い歴史を持つ「宮島かき祭り」が今月8日(土)、9日(日)の両日、同町の宮島桟橋前広場で開催されます。冬の観光客が少ない時期に宮島を訪れてもらおうと、広島県内で初めて開かれた本格的なかき祭りで、宮島特産のかきを観光客などに手軽に味わってもらため、町観光協会などが中心となって毎年2月上旬に行う恒例の観光イベントです。かきの浜焼きやかきの土手鍋、かき雑炊、かき入りお好み焼きなど、新鮮な宮島かきをふんだんに使ったかき料理を格安で味わえるのが同イベントの魅力。このかきづくしの2日間、滋味たっぷりの旬の味覚を求め、毎年約2万人近くもの人出がつめかけてにぎわいを見せています。

 イベントの目玉となるかき料理の格安試食コーナーでは、かき雑炊先着2,000名分(1杯100円、8日のみ)、お好み焼き先着1,000名分(1皿200円、8日のみ)、かきフライ先着3,000名分(1皿100円、9日のみ)、かき浜焼き先着2,000名分(1皿200円、両日)、土手鍋先着1,000名分(1杯100円、両日)、かき卵汁先着15,000名分(1杯200円、両日)の販売をはじめ、ジュースやお酒の無料試飲などがそれぞれ午前10時から正午、午後1時から同3時までの2回に分けて実施されます。いずれもなくなり次第終了。地方発送も受け付けるかきの直売コーナーでは、生かき700g、殻付かき約17個入りがそれぞれ1,000円とお得。購入した殻付かきを炭火で焼きながらその場で味わえる人気の浜焼き体験コーナー(施設使用料1時間500円)では、殻ごと焼く浜焼きの香ばしい匂いが食欲をそそります。このほか、農産物や漬け物、かき製品、たこ天、わさび製品などを集めた特産品直売コーナーも登場。会場正面の特設ステージでは、吉和神楽団や琴庄神楽団、宮島太鼓、若狭愛歌謡ショー、アカペラライブなど、2日間にわたってさまざまなアトラクションも披露されます。みなさんも今週末、新鮮な宮島かきを味わいにご家族で出かけてみませんか。

●お問い合わせ/宮島町商工会 TEL(0829)44-2828
●お問い合わせ/宮島観光協会 TEL(0829)44-2011
宮島かき祭りのホームページはこちら

このサイトを広める