アクティブニュース

全てみる

共通商品券発売開始(豊田郡安浦町)

[額面相当額の商品券2種類を発行し、地域経済の活性化をめざす]

お得情報・キャンペーン情報

なし

 消費の低迷が続くなか、消費者の購買意欲を高めて地域経済の活性化に弾みをつけようと豊田郡安浦町の安浦町商工会が今月20日、期間限定型地域共通商品券を発行しました。この事業は地域振興の一環として、町内購買力の向上と消費者に対するサービスの向上をめざすもので、同商工会が共通商品券を発行するのは今回が初。「はばたき商品券」と名づけて、同町の消費の促進に役立てたい考えです。

 発行された商品券の種類は500円券、1000円券の2種類。それぞれ相当額で販売し、購入限度額などは今回特に定めていません。現在、加盟店の数は55店舗。同商工会の濱中博事務局長は、「年末の売り出しに間に合わせるため、駆け足のスタートにならざるを得なかった」としながらも、今後さらに事業所などへの周知徹底を図ることでほぼ倍の加盟店を獲得できるのでは、と自信をのぞかせています。商品券の名称は事前のPRを兼ねて、地域住民から公募。地域経済が大きく飛躍するようにとの願いを込め、地元の小学生から寄せられた“はばたき”という案を採用しました。初日の売り上げは8万円からのゆるやかな滑り出しとなりましたが、同商工会では12月の年末商戦をひかえ、今月中には満足の売り上げが期待できるのではと見込んでいます。有効期限は発効日より6ヵ月以内。地域のみなさんもステッカーのある取扱店を目印に、はばたき商品券をお買い物にお役立てください。

●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800

このサイトを広める