アクティブニュース

全てみる

城下の町に華麗な歴史絵巻(比婆郡東城町)

地域イベント

なし

荘厳な行列、華麗なパフォーマンスが楽しめる

 古くから交通の要衝として栄え、情緒を漂う武家屋敷などの町並みが今も残る城下町、比婆郡東城町。同町では毎年11月初旬、300年以上の歴史を持つ伝統行事「お通り」が行われています。古式ゆかしい衣装に身を包んだ大名、武者、母衣(ほろ)行列などが城下の町並みを練り歩き、華やかな時代絵巻を繰り広げるもので、その始まりは江戸時代初期にさかのぼると云われています。当時、広島藩家老職東城浅野家の五穀豊穣祈願の依頼により、川西八幡宮御神体を天神社御旅所に招き、11月1日から5日間の祭礼が執り行われました。5日目に八幡神社御神体を八幡宮御輿に奉納し、八幡宮に帰られる折り、天神社御輿と行列を組み町内を練り歩いたのが、この伝統行事の始まりとされています。近年、高齢化、過疎化などによって衰退しつつあり継続が危ぶまれていましたが、東城町商工会青年部を中心とする町の有志が平成5年にお通り実行委員会を結成。城下町・東城をPRするためのイベントとして伝統行事を復活させ、以来、同町の秋にはなくてはならないイベントとして定着しました。

 今年の開催日は11月4日(祝)で、東城町小学校で午後1時から行われる出陣式の後、関ヶ原の戦いの後東城を治めた長尾隼人公の軍勢を再現した武者行列、江戸時代に東城を治めた浅野家の家老が主君の神幸に随行した一行を再現した大名行列、平安末期の矢よけの武具に起源を持ち、美しい花と武者人形で飾られた衣装を着た母衣(ほろ)隊、幼女が可愛らしい衣装に身を包む稚児行列、街の若い衆や子供たちが担ぐみこしなどが、長い列となって東城の中心街市街地を練り歩きます。道中、3か所に設けられたパフォーマンス会場では武者隊による武者演武も繰り広げられるなど、今年も華麗な時代絵巻に熱い視線が注がれることになりそうです。当日、同青年部は町中に幟旗を設置して観光客らを出迎えるとともに、地元の関係者らも戦国鍋を振る舞うなどして訪れる人々をもてなし、郷土の魅力を広くPR。また、同商工会でも東城の“まつり”と“風景”をテーマにした写真を募集するなどして、観光地・東城をPRするための活動に積極的に取り組んでいきたい考えです。

●お問い合わせ/東城町商工会 TEL(08477)2-0525

このサイトを広める